ニュース & 話題

菅原道真公〝神像〟初のご開帳へ…学文路天満宮

〝学問の神様〟として名高い和歌山県橋本市南馬場821の学文路(かむろ)天満宮(菅野一三宮司)で、その主祭神・菅原道真公(すがはらみちざねこう=天満大自在天神)の神像が6月23(土)~7月1日(日)、初めて「ご開帳」されることになった。菅野宮司は「平成30年(2018)の正遷宮(しょうせんぐう)の成功を目指す〝ご開帳〟です。ぜひ、ご参拝ください」と言っている。拝観料は1000円。
この菅原道真公の神像は。高さ80センチ(うち台座25センチ)の大きさで、正装した木彫の座像には、金箔など彩色が施されている。
同神社は天治元年(1124)に創建され、明治6年(1873)に旧学文路村内の66柱の神々を合祀。菅原道真公の神像の製作記録はないが、父・是善卿(これよしきょう)の彫像は、寛延3年(1748)製作との記録があり、共に本殿で〝ご開帳〟されることになる。
同神社は、紀ノ川南側の高野山麓にあり、近くの南海高野線「学文路駅」では、毎年11~3月、〝学文路駅入場券〟=すべり止めの砂(電車の車輪が滑らないようにレールにまく砂)付き=を販売。多くの高校・大学などの受験生らが購入し、同神社で菅原道真公の絵馬を買って、境内の絵馬掛けに吊るし、合格を祈っている。
ご開帳は午前10から午後3時まで本殿を開扉して行われる。菅野宮司は「正遷宮は普通、20年に1度行いますが、10数年前、大型台風に見舞われ、氏子の皆さん方が大被害を受けので、前回はやむを得ず中止しました。次の正遷宮は40ぶりに行うもので、当神社の本殿、拝殿などの大修復をしたうえ、次世代へ伝えたいと願っています」と言っている。
写真(上)は初めて〝ご開帳〟される菅原道真公の神像。写真(中)は受験生に人気の菅原道真公の絵馬。写真(下)は正遷宮を控えて主祭神・菅原道真公の神像を〝ご開帳〟する学文路天満宮の本殿。

更新日:2012年6月13日 水曜日 12:41

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事