ニュース & 話題

紀陽団地(一部)に避難勧告~大谷川が危険に

    水位が上昇している紀ノ川(橋本市で)
    水位が上昇している紀ノ川(橋本市で)
    水位が上昇している紀ノ川(橋本市で)
    紀ノ川の中洲の木々をなぎ倒しながら流れる濁流
    紀ノ川に注ぐ大谷川の河口(樋門内から)
    紀ノ川に注ぐ大谷川の河口(樋門内から)

3日未明から同日夕にかけて、近畿地方に接近が予想される大型で強い台風12号…。和歌山県橋本市(木下善之市長)は、県内に大雨洪水暴風警報が出たのを受けて、2日午後1時10分にi警戒1号体制、同7時には警戒第2号体制iをとり、総務部、建設部、経済部、健康福祉部、上下水道部、教育委員会などの部長ら約50人が、河川の増水、土砂崩れなどの警戒に当たっている。3日未明には紀陽団地の一部に避難勧告を出した。
すでに、上流の奈良県・大滝ダムが放流し、紀ノ川の水位が上昇。濁流は中州の木々をなぎ倒しながら、すさまじい勢いで流れている。
同市は午後6時、紀ノ川に注ぐ同市学文路の大谷川の水位が上昇したため、学文路、南馬場の紀陽団地、七福団地の住民に対し「避難準備」するよう、広報車などで放送した。
 さらに3日午前4時40分には、紀陽団地(23世帯)の一部に床下浸水の恐れがでてきたため、避難勧告を出した。紀ノ川の水位が上昇し、大谷川河口に逆流、樋門を半分閉じた状態という。
同樋門では庄司正俊さん、檜和男さんの2人が監視中で、紀ノ川の水位が大谷川より高くなると樋門を閉じ、その反対の場合は開ける操作をして、洪水被害を防ぐことにしている。
庄司さんは「すでに河口付近の水位はこの通り高く、これから流域で大雨に見舞われたら、堤防の低い場所から水流があふれかねない。しっかり監視しています」と力強く話した。
橋本市総務部市民安全課は「今後の台風の進路や規模を見守り、くれぐれも災害に巻き込まれないよう、注意してください」と呼びかけている。


更新日:2011年9月3日 土曜日 05:19

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事