ニュース & 話題

ユーモラス〝薪狂言〟に爆笑~葛城神社250人

    葛城神社で上演された橋本狂言会の狂言「口真似」の一場面
    葛城神社で上演された橋本狂言会の狂言「口真似」の一場面
    葛城神社で上演された橋本狂言会の狂言「口真似」の一場面
    大勢の観衆を魅了する橋本狂言会の狂言
    橋本狂言会に「異聞道成寺縁起」で友情出演する大野さん(ソプラノ)ら
    橋本狂言会に「異聞道成寺縁起」で友情出演する大野さん(ソプラノ)ら

 和歌山県橋本市の狂言愛好家グループ「橋本狂言会」(後藤光基会長)は、8月28日夜、同市柱本の葛城神社で〝薪(たきぎ)狂言〟を上演し、約250人の観衆を魅了した。後藤会長は「この残暑を、笑いで吹っ飛ばしてくれて、本望です」と話した。
 同神社は、紀見峠脇の杉木立の中の、神さびた古い社。夕立がやんだ後、先ず、後藤会長が「能狂言は室町時代(約650年前)に生まれた芸能です。能は公家、武士が愛した悲劇なのに対し、狂言は庶民が愛した風刺・喜劇。心の底から笑って下されは幸いです」と挨拶。
 地元の大原一志区長も「当神社は662年前に戦火で焼失しましたが、この森は当時のままの木々が育っています。私たちの宝、当神社での上演に感謝します。きょうは狂言を夏のいい思い出にしてください…」と述べた。
 この後、境内に特設された舞台で、篝火(かがりび)明かりと、蜩(ひぐらし)や秋の虫がすだく中、〝アマチュア・狂言〟が開幕した。
 演目「盆山」は主人・島里美さん、盗人・岸田和美さん、「口真似」は太郎冠者・植村和明さん、主人・後藤光基さん、客・前田直哉さん、「清水」は太郎冠者・堀内清澄さん、主人・脇田清司さんが出演。それぞれ、大きな声のセリフや、ユーモラスな動作で演じられると、観衆は何度も爆笑した。
 また、途中で演奏曲「異聞道成寺縁起」を、尺八・辻本公平さん、箏・菊譽祗慶子さん、十七絃・山田裕子さん、ソプラノ・大野憲子さんが友情出演し、安珍清姫の物語を語るように歌い上げると、大きな拍手が起きていた。
 同会は21年前に発足し、各地で狂言を上演。神社・仏閣では今回が7回目になる。後藤会長は「皆さんが笑ってくれると、私たちもうれしくなるし、〝笑う門には福来る〟です。それが一番大切だと思っています」と話した。

更新日:2011年8月28日 日曜日 22:51

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事