ニュース & 話題

ラン、ラン、ランと見に来てね~紀北愛蘭会

    丹精込めて栽培されている脇田さんのラン
    丹精込めて栽培されている脇田さんのラン
    丹精込めて栽培されている脇田さんのラン
    脇田さんの温室で楚々として咲いた「建国殿(けんこくてん}}
    ラン展の会場周辺の略図(案内状から)
    ラン展の会場周辺の略図(案内状から)

紀北地方のラン愛好家でつくる「紀北愛蘭(あいらん)会」(岩本憲一会長)主催の「富貴蘭(ふうきらん)・山野草(さんやそう)展」が、7月2(土)3(日)両日、和歌山県橋本市高野口町向島の同市産業文化会館(旧アざレアホール)で開かれる。
展示されるのは、会員20人が丹精込めて育てた「獅子葉」や「白雲閣」などの富貴ラン約150鉢と、「セッコク」などの山野草約150鉢の計300鉢。当日、ランの出来栄えを審査し、知事賞や伊都振興局長賞、橋本市長賞などを決めて表彰。入賞作は〝特等席〟に展示される。
同会の橋本市高野口町小田の脇田泰光さんは、自分の経営する喫茶店「さつき」脇の温室などで、多種多様のランを栽培。ランは、日本の花らしく、清楚で、独特の良さを備えている。それだけに、「手入れは大変ですが、花を咲かせるのは楽しいです」と明るく笑う。
岩本会長は「今年は天候不順で、開花が遅れています。皆さん、ラン展に照準を合わせて、ランを家に入れるなど、いろいろ工夫し、花を咲かせます。毎年、約400人のランファンが、鑑賞に訪れてくれています」と話した。
ラン展の時間は、7月2日午前10時~午後5時、同3日午前9時~午後4時。連絡先は岩本会長(電話090・7490・3303)。

更新日:2011年6月21日 火曜日 06:39

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事