ニュース & 話題

歌・太鼓・ダンス、お店林立…♪8日(日)歩行者天国

和歌山県橋本市の人気イベントの一つ「第12回歩行者天国」(同実行委員会主催)が、10月8日(日)、同市高野口町のJR和歌山線・高野口駅前大通りで開かれる。毎年、家族連れや若いグループなど約2000人が訪れる賑わいぶりで、同実行委は「ぜひ秋の一日を楽しんでください」と呼びかけている。参加無料。小雨決行。
歩行者天国の舞台は、高野口駅~国道24号の320メートル間で、イベントは午前11時30分から午後4時まで。午前10時から午後5時まで車両通行禁止となる。
プログラムは、午前11時30分、高野口中学校・吹奏楽部の演奏で保育園児らがオープニングパレードした後、11時35分から開会式があり、田中英明(たなか・ひであき)実行委員長が主催者挨拶、平木哲朗(ひらき・てつろう)市長が来賓祝辞を述べる予定。
この後、応其こども園の和太鼓、香久の実保育園のダンス、HOMIESのストリートダンス、高野口中学校吹奏楽部による「美女と野獣」などの演奏、キッドビクスのダンス、木の国庚申太鼓の演奏、ファインクラブ高野口jazz Hip Hopのダンス、キッズダンス、素人集団・橋本ちんどん笑会のちんどんショーと続くことになっている。
午後2時には稚児行列が歩き、橋本市の地域活性化ロックンロールバンド・ザ☆太郎さんズが「おーい橋本」「はしぼうの歌」などを披露。さらにダンスなどが演じられる。
大通りでは焼きそば、かき氷、清涼飲料など沢山の店が林立。同実行委では「会場周辺に駐車場がないので、公共交通機関をご利用ください」と呼びかけている。
問い合わせは歩行者天国実行委員会(事務局・高野口地区公民館・電話=0736・33・3111)。
写真(上)は太鼓演奏を披露する保育園児たち。写真(中)は橋本市「歩行者天国」略図。写真(下)は大賑わいの歩行者天国=記録写真。

更新日:2017年10月2日 月曜日 12:52

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事