ニュース & 話題

桜二分咲き、杉村公園や庚申山…、もうすぐ見頃

    「杉村公園」高台の広場に咲き初めた桜
    「杉村公園」高台の広場に咲き初めた桜
    「杉村公園」高台の広場に咲き初めた桜
    庚申山の桜の下で遊ぶ子どもたち
    大勢が円陣になり桜の下で食事(橋本カントリークラブ前で)
    大勢が円陣になり桜の下で食事(橋本カントリークラブ前で)

桜前線は4月4日現在、日本列島を北上中。和歌山県橋本・伊都地方では、早咲きで、だいたい二分咲き。橋本市御幸辻の「杉村公園」の高台にある広場では、ひらき初めた桜の下で、男女6人が楽しく酒宴を張り、訪れた春をめでていた。同市高野口町の桜の名所・庚申山でも、山の斜面の日溜りで、家族連れらが昼食中。花影から町並みや高野山を眺めていた。また、同市隅田町の橋本カントリークラブ周辺の芝生では、約20人が円陣になり、ゆったりと花見の宴。朝は少し冷えたが、日中は気温も上がり、のどかな春の一日となった。これら高野山麓の3地点の桜は、まだまだ蕾もかたく、見頃は次の日曜日以降になりそう。

更新日:2011年4月4日 月曜日 16:31

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事