特集

<お知らせ>高野口駅前で12日(日)歩行者天国

和歌山県橋本市高野口町のJR和歌山線・高野口駅の高野口駅前大通りで、10月12日(日)、「橋本市第9回歩行者天国」(同実行委主催)が開かれる。高野口地区公民館の北浦健司(きたうら・けんじ)館長は「秋のひとときを大通りで楽しんでください」と参加を呼び掛けている。小雨決行。

当日は午前10時~午後5時、高野口駅前大通りを車両通行規制。午前11時半~午後4時、式典・イベントを行う。主なイベントは次の通り。

初めに紀の国わかやま国体のマスコットキャラクター「きいちゃん」が登場。高野口中学校・吹奏楽部の演奏で保育園児らがオープニングパレード。

11時35分から、開会式があり、平木市長らが挨拶。その後、素人集団・ちんどん笑会のちんどんショー、What’s up:児童によるヒップホップダンスや、キッドビクス:こどものエアロビクス演技。

さらに高野口中学校・吹奏楽部の演奏、浦部ようすけminiライブ、稚児行列、木の国庚申太鼓の演奏、南美枝子:歌謡ショーがある。

道沿いにはフリーマーケット、うどん、焼きそば、かき氷、清涼飲料などの模擬店が林立。金魚すくい大会や起震車による地震体験、ゲームコーナーなどもある。

写真(上、中、下)は昨年の歩行者天国の風景=高野口地区公民館提供。

更新日:2014年9月30日 火曜日 23:30

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事