特集

〝三谷坂〟歩こう♪7月2日〝祈念〟世界遺産追加登録

世界遺産追加登録祈念「丹生都比売(にうつひめ)神社参詣道〝三谷坂〟七夕ウォーク」が、7月2日(日)、和歌山県かつらぎ町のJR・妙寺駅~丹生都比売神社間で行われる。「天野の里ウォーク」と同神社の「舞と雅楽の夕べ」も同日開催される。主催する同七夕ウォーク実行委員会では「ぜひ三谷坂の世界遺産・追加登録を祈り歩いてください」と呼びかけている。小雨決行。当日受付。参加費500円(記念品込み)。
同三谷坂七夕ウォークは、かつらぎ町教育委員会が後援、西日本旅客鉄道、同町商工会、紀北川上農協が協力する。
国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会の諮問機関「国際記念物遺跡会議(イコモス)」が、世界文化遺産である「紀伊山地の霊場と参詣道」の範囲拡大を勧告。7月中旬の会議で決定すれば、橋本・伊都地方では、三谷坂や黒河道(くろこみち)が追加登録される。
今回の七夕ウォークは、その祈りを込めたイベントで、2日午前8時~同10時、JR・妙寺駅前で受付。事前申込受付はなく、当日受付のみ。
コースは同駅~丹生酒殿神社~笠松峠~丹生都比売神社(約7キロ)。所要時間は2時間半~3時間。途中、丹生酒殿神社南側の鎌八幡宮の境内では、「イチイガシ」という巨木に沢山の鎌(かま)を突き刺した奇妙な光景など見所も多い。
帰路のバスは、丹生都比売神社~JR・笠田駅間のコミュニティーバスで、乗車料金は150円(別途支払い)。
丹生都比売神社出発のバス時刻は、午前11時、午後0時、同0時30分、同1時、同1時30分、同2時、同2時45分、同3時15分、同4時、同4時30分、同5時、同5時30分、同6時5分、同8時。普段は4便だがイベント用臨時10便増発。
また、「天野の里ウォーク」は、午後1時と同3時(各回60分程度)、語り部(天野の里づくりの会)の案内で、「にほんの里100選」に選ばれた天野の里、平家物語ゆかりの史跡をめぐる。参加費は500円=但し三谷坂七夕ウォーク参加者は無料。
これに伴い、午前11時30分、午後0時30分、同2時30分(各回20分程度)、丹生都比売神社で重文・本殿を見ながら由緒説明がある。
午後7時頃~同8時頃には、「舞と雅楽の夕べ」と境内ライトアップがあり、楽しい夜のひとときが繰り広げられる。
問い合わせは〝三谷坂〟七夕ウォーク実行委員会(電話=0736・33・4909)へ。
写真(上)は三谷坂七夕ウォークのイラスト&文化財・風景写真=チラシより。写真(中)は世界遺産・丹生都比較神社。写真(下)は同神社の輪橋のライトアップ風景。

更新日:2016年6月24日 金曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事