特集

「お知らせ」28日・橋本駅前で初の野外飲食・音楽会

和歌山県橋本市古佐田のJR・南海橋本駅前で、9月28日(金)午後6時~同9時、乗降客や市民らを対象にした、初の「ディスカバー HA☆SHI☆MO☆TO」が開かれる。野外音楽鑑賞は無料。雨天中止。
橋本市と橋本観光協会は、昔のふる里の賑わいを取り戻そうと、平成27年(2015)春から毎月1回程度、土曜日の午前10時頃から「駅前にぎわいパフォーマンス」を開催し、橋本市内の児童・生徒や、橋本ゆかりの歌手、マジシャンらが出演してきた。
今回、一般社団法人・高野山麓ツーリズムビューローが主催で、初めて金曜日の夜に「ディスカバー HA☆SHI☆MO☆TO」とタイトルを変えて、野外音楽&飲食の場を設けることにした。
同駅前広場に模擬店を出し、ひねどりの鉄板焼き、お好み焼き、たこ焼き、焼きそば、カニ寿司、柿の葉寿司、パン、かき氷、生ビール、レモンサワーなどを販売。音楽グループ「アシュリン」が「ほろ酔い音楽」を演奏する予定。
同駅前の駐車場(コインパーキング)は、同日午後6時~同11時、使用不可となる。
写真は、初の「ディスカバー HA☆SHI☆MO☆TO」が開かれる橋本駅前の夜の風景。

更新日:2018年9月27日 木曜日 22:03

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事