特集

<お知らせ>本田・内閣官房参与が12月に橋本講演

和歌山県橋本市と橋本商工会議所は12月4日(金)、同市市脇の橋本商工会館8階大ホールで、橋本市制10周年記念事業「ふるさと講演会」を開催する。
講師は本田悦朗(ほんだ・えつろう)内閣官房参与で、「アベノミクスの新たなる挑戦」と題して講演。2003年にスタートしたアベノミクスで、第1の矢「大胆な金融政策」、第2の矢「機動的な財政施策」、第3の矢「民間投資を喚起する成長戦略」の経済効果や、今後の日本経済の見通しを話す予定。
開演時間は午後4時~同5時30分。定員は200人(定員に達し次第締め切り)。聴講は無料だが、事前申し込みが必要。所定の受講申込書に住所、事業所名、業種、受講者氏名、電話番号を書いて申し込む。
問い合わせは橋本商工会議所(電話=0736・32・0004、FAX=0736・33・3326)。写真は講師の本田悦朗・内閣官房参与と申込用紙。
注=主催者の橋本市と橋本商工会議所は11月24日、この「ふるさと講演会」について、「都合により中止」になったことを発表した。

更新日:2015年11月10日 火曜日 23:49

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事