特集

犠牲者に哀悼の意、4月10日、神社で献茶式

和歌山県かつらぎ町文化協会(防野宗和会長)は、4月10日(日曜日)午前10時~午後3時、同町上天野の世界遺産「丹生都比売(にゅうつひめ)神社」貴賓館・神殿前広場で、同協会40周年記念お茶会を開く。今回は東日本大震災による多くの犠牲者、被災者のことを思い、献茶式で哀悼の意をささげ、一日も早い復興を祈る。また、会場には義援金箱を置いて、集まった義援金と、お茶券(1枚1000円)の売り上げ全額を、日本赤十字社を通じて被災者に届けることにしている。問い合わせは同町教委生涯学習課(0736・22・0303)へ。

更新日:2011年3月31日 木曜日 07:33

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事