特集

記念乗車券求め行列、林間田園都市駅の開業日

今回は、1981年11月22日に開業した林間田園都市駅の、その日の模様を紹介しよう。写真掲載は出来なかったが、「新駅開業の一番電車が縁起がよい」と、結納を抱えて乗車した人もいました。ちなみに現在のダイヤは、平日で上り78本、下り59本の計137本です。また、1日の利用客は約1万1500人(21年度)にのぼっています。
写真(上)は、記念乗車券を求める人たちの行列。駅員は手渡しなどの対応に追われていた。写真(中)は、橋本仕立ての一番電車(4両編成)が、真新しいホームに到着すると、小学生らが運転士と車掌に花束を贈った。写真(下)は、ホームに張った紅白のテープをカットし、午前5時36分、難波行き急行が、ほぼ満員の客を乗せて発車。
               (フォトライター 北森久雄)

更新日:2011年3月21日 月曜日 01:54

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事