ニュース & 話題

2011年7月18日 月曜日 21:15

放射能、ひまわりで吸収へ~少女ら400苗を植栽

放射能、ひまわりで吸収へ~少女ら400苗を植栽

「東日本大震災の被災地に、30万本のひまわりを咲かせて、笑顔を取り戻してもらおう」と活動している和歌山県橋本市のボランティア「ひまわりの咲く街プロジェクト」=代表・県立橋本高校2年・中村ゆうさん(17)=は、ボランティアら約10人とともに7月17、18両日、同市高野口町大野の「エコパーク紀望の里」東… 続きを読む

2011年7月17日 日曜日 22:35

口筆書画・順教尼をマンガ化~「協賛」呼びかけ

口筆書画・順教尼をマンガ化~「協賛」呼びかけ

両腕のないハンディを克服し、口に筆をくわえて書画を表し、〝身体障がい者の母〟と呼ばれる大石順教尼(本名=よね=1888~1968年)の生涯を描いた漫画「祖母(ばば)さまのお手は だるまのお手て」が、京都精華大学事業推進室「大石順教尼かなりや会」マンガ制作委員会によって制作されることになった。来年4月2… 続きを読む

 16:40

真田幸村を名調子で講談~9月、旭堂南左衛門さん

真田幸村を名調子で講談~9月、旭堂南左衛門さん

戦国武将の真田昌幸・幸村父子が閉居した舞台、和歌山県九度山町の九度山町ふるさとセンター5階で、9月16日(金)、真田一族の物語をいきいきと紹介する「旭堂 南左衛門 講談会」が、開かれることになった。 毎年春「町家の人形めぐり」を開催している九度山町住民クラブ(阪井賢三代表)が企画した。過去5回は落語会… 続きを読む

2011年7月15日 金曜日 23:43

祈祷木を焼納~開運厄除け祈る、橋本の八幡神社

祈祷木を焼納~開運厄除け祈る、橋本の八幡神社

開運厄除けを祈願する「祈祷木焼納(きとうぼくしょうのう)の神事」が、7月15日夕、和歌山県橋本市胡麻生の胡麻生相賀八幡神社(鈴木千鶴子宮司)で営まれた。 同神社の氏子総代会(福智清会長)や、市内の区長ら約30人が参集。先ず、各自が願い事を書いた祈祷木を本殿に備え、斎主(さいしゅ)の鈴木孝章禰宜(ねぎ)が、厳… 続きを読む

 01:42

日本の伝統~藍染体験、橋本の呉服店で女性ら

日本の伝統~藍染体験、橋本の呉服店で女性ら

日本人が最も愛する色、それは藍色(あいいろ)かも知れない。その藍を布に染める日本の伝統「藍染体験会」が、7月14日、和歌山県橋本市橋本1の7の13、「みそや呉服店」(谷口善志郎さん経営)で始まった。谷口さんは「藍色は、小泉八雲(ラフカディオハーン)が、『ジャパンブルー』として世界に紹介した素敵な色。次世… 続きを読む

広告・スポンサー

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事