ニュース & 話題

2011年5月15日 日曜日 21:52

へら竿や再織…展示即売、橋本駅前観光案内所

へら竿や再織…展示即売、橋本駅前観光案内所

和歌山県橋本市古佐田のJR南海橋本駅の駅前にある「はしもと広域観光案内所」(橋本市観光協会)が、紀州へら竿やパイル織物などの、郷土の特産品を展示即売していて、近畿一円から訪れる観光客から、好評を博している。同協会の松尾忠子さんは「市内観光のことなら、どうぞ気軽に立ち寄ってください」と明るい笑顔で話し… 続きを読む

 18:21

中将姫の里にげんげ満開~橋本・恋野の田んぼ

中将姫の里にげんげ満開~橋本・恋野の田んぼ

奈良時代に生きた中将姫伝説のある和歌山県橋本市恋野地区で5月15日、今では少なくなった紫雲英(げんげ)田が、昔懐かしい風景を見せていた。田んぼ2枚を合わせて、約2000平方メートルはあろうか。紅紫色の無数の花が咲き競い、一面、ジュウタンを敷き詰めたような美しさだ。 この日はちょっと風が強く、びゅわー… 続きを読む

2011年5月14日 土曜日 06:57

紀ノ川に「学びの森」完成~医師15年がかり

紀ノ川に「学びの森」完成~医師15年がかり

和歌山県橋本市向副を流れる紀ノ川の河川敷に、420種類の木々が鬱蒼(うっそう)と茂る森がある。同市隅田町中下の医師、田中治さん(85)が、約15年がかりでつくりあげた「ふるさと学びの森」だ。最近では、地元だけでなく、大阪府河内長野市や奈良県五條市からも、家族連れらが観察をかねて遊びにくる。田中さんは「… 続きを読む

2011年5月13日 金曜日 22:43

橋本川の町並み~水彩画に残す、郷土の堀江さん

橋本川の町並み~水彩画に残す、郷土の堀江さん

しっとりとした「昭和の風景」として愛されてきた、和歌山県橋本市の橋本川流域の町並みが、JR南海橋本駅前の市街地開発事業や、河川拡幅改修工事で、ほとんど消滅しているが、その素敵なたたずまいは、きちんと水彩画の中に残っていた。同市隅田町垂井に住む画家・堀江壽碩(じゅせき=本名・頴市)さん(76)が、真っ先… 続きを読む

2011年5月11日 水曜日 09:01

橋本駅周辺の町家~消える運命、歩いて記憶に

橋本駅周辺の町家~消える運命、歩いて記憶に

近世には、応其上人(おうごしょうにん=1536~1608年)が活躍し、商都として繁栄してきた和歌山県橋本市のJR南海「橋本駅」周辺のまち。その歴史的な町並みが「駅前市街地開発」で消えつつあり、「全壊」に向かって風前の灯の状態になっている。最近、「歩くなら今のうち」「写真に収めるなら今のうち」と、訪れ… 続きを読む

広告・スポンサー

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事