ニュース & 話題

インフルエンザ予防接種、橋本・高齢者負担金は無料

[お知らせ]和歌山県橋本市は新型コロナ禍に対応して9月18日、「今年度の高齢者インフルエンザ予防接種・自己負担金を無料にする」と発表した。
期間は令和2年10月1日(木)~同3年1月31日(日)。対象は65歳以上の市民と、60歳以上の市民で心臓、腎臓、呼吸器の機能、またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に重い障がい(身障者手帳1級相当)を有する人たち。
例年のインフルエンザ予防接種1回の自己負担金は各自1500円だが、今年度は支払わなくてよい。接種方法は事前に実施医療機関へ予約のうえ、窓口で本人の氏名・年齢が確認できるもの(健康保険証など)を提示して接種する。
同市は同予防接種委託料(計3576万4000円)の補正予算を計上。新型コロナウイルス感染症とインフルエンザ同時流行に備えて接種促進を図り、高齢者などの重症化予防と医療機関の負担軽減につなげることにした。

更新日:2020年9月18日 金曜日 21:28

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事