ニュース & 話題

高野山・宿坊でクラフトビール「天空般若」販売開始

[お知らせ]和歌山県高野町で栽培されたホップを使ったクラフトビール「天空般若」の販売が9月16日、同町高野山の4宿坊で始まった。
この「天空般若」は、橋本市高野口町の株式会社三ツ星ファーム=尾上文啓(おのうえ・ふみひろ)社長=が、同町富貴の耕作放棄地で、地域活性化を目指してホップ栽培。和歌山市の酒造会社「吉田」が、そのホップを新鮮活用して完成させた。
「天空般若」は1本(330ミリリットル)880円で販売。また同町は「天空般若」をふる里納税返礼品に加え、来年1月以降、寄付者に発送する予定。
写真(上)は高野の地ビール「天空般若」を披露する平野・高野町長=極楽橋駅で。写真(中)は高野山・金剛峯寺に奉納された地ビール「天空般若」。写真(下)はふる里納税・返礼品となる地ビール「天空般若」を来訪客に贈りアピールする平野町長=いずれも本紙掲載済み。

更新日:2020年9月16日 水曜日 22:30

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事