ニュース & 話題

青葉しっとりハナミズキ♡旧・高野街道や橋本川堤防

和歌山県橋本市のJR・南海橋本駅近くで今春、美しい花を咲かせたハナミズキ(花水木)の並木が、今は無数の青葉におおわれ、梅雨シーズン特有の風景を見せている。
ここは同駅から西約500メートルの橋本川堤防と旧・高野街道の両側歩道。約20年前、鉄橋の架け替えや川の拡幅工事などの際、約20本のハナミズキ並木がつくられた。
今年はコロナ禍の中、堤防沿いは主に紅色、高野街道では、主に白い花が満開となり、多くの市民の陰鬱な心を癒してきた。
今は緑色の楕円形の葉が、梅雨の長雨にしっとり。JR和歌山線の電車が、高野街道のハナミズキ並木の上を往来し、川のほとりでは、人々が犬と散歩する。
さすがに今は「花」でなく「青葉」なので、スマホ撮影する姿も見られないが、朝夕、静かで綺麗な空気が漂っている。
天気予報では、梅雨空はしばらく続きそう。
写真(上)は旧・高野街道のハナミズキ=上を走るのはJR和歌山線の電車。写真(中)はハナミズキの青葉。写真(下)は青葉に覆われた橋本川堤防のハナミズキ並木。

更新日:2020年7月16日 木曜日 00:03

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事