ニュース & 話題

紫の花影で錦鯉が遊泳♪丹生都比売神社・参拝楽しく

和歌山県かつらぎ町上天野の世界遺産・丹生都比売(にうつひめ)神社の鏡池で、沢山の錦鯉(にしきごい)が泳ぎ回り、池畔に咲いた花あざみと共に神々(こうごう)しい風情を呈している。
同神社は超1700年前の創建で、500年後には弘法大師・空海に神領・高野山を貸与。鏡池の輪橋(りんきょう)は豊臣秀吉の側室・淀君(よどぎみ=茶々)の寄進という。
その堤では薄紫の野あざみの花が咲き、池では放生(ほうじょう)の錦鯉が、数匹の群れを成して潜水したり、水面でぱくぱくと口を開けたり。参拝・観光客の心を惹きつけている。
神社境内では、参拝者が「茅の輪くぐり」で心身を清めており、6月30日には、神職による「夏越の大祓式(なごしのおおはらえしき)」で、疫病退散などを祈願することになっている。
写真は丹生都比売神社の鏡池の錦鯉と堤に咲いた野あざみの花。

更新日:2020年6月21日 日曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事