ニュース & 話題

新紀見トンネル南側・車運転に注意!柱本交差点閉鎖

和歌山県橋本市柱本の国道371号・橋本バイパス「新紀見トンネル」(仮称)南側の柱本交差点は1月30日午後、新しい道路工事に伴い、同交差点・東西の両側が閉鎖された。国道371号の直進車両は従来通り南北に走れるが、紀見峠側や光陽台側から国道371号へ進むには、約130メートル南の柱本南交差点へ迂回することになる。
和歌山県伊都振興局によると「新紀見トンネル」は全長2・1キロメートル、高さ4・5メートル、2車線(幅計6・5メートル、路側同1メートル)という規模。
すでにトンネルは昨年に貫通しているが、供用開始は大阪府側で工事中の国道371号バイパス道路の完成後となる。同トンネルは大阪から世界遺産・高野山へ、橋本から大阪の都市部へ走る重要コースだけに、大阪・和歌山の両府県民から「早期完成」を期待されている。
今回、柱本交差点の東西交通を閉鎖した理由は、「新紀見トンネル」南側~柱本交差点の道路建設工事と、トンネル出入口付近の交通安全を図るためで、柱本交差点の東西閉鎖はずっと続けられることになる。
問い合わせは伊都振興局建設部 国道橋本建設事務所(橋本市市脇4―5―8、電話=0736・33・4927 櫻井さん)。
写真(上)は工事中の新紀見トンネル=右=と既存の紀見トンネル。写真(中)は柱本交差点と柱本南交差点の通行方法の変更説明図。写真(下)は柱本交差点の横断歩道橋から見た柱本南交差点。

更新日:2020年1月31日 金曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事