ニュース & 話題

児嶋会長に紀の国チャレンジド賞♪障害克服LB卓球

自らの障害を前向きにとらえ、意欲的にスポーツに挑戦しているとして、和歌山県橋本市ラージボール(LB)卓球協会会長の児嶋淳(こじま・じゅん)さん(81)が、和歌山県=仁坂吉伸(にさか・よしのぶ)知事=から「紀の国チャレンジド賞」を受賞した。ラージボール卓球全国大会シングルスで優勝している児嶋さんは「私と同じような障害を持つ方々にも、卓球を指導して、共に豊かな人生を歩みたい」と話している。
児嶋さん(同市古佐田1丁目)は、県立橋本高校の卓球部時代に主将を務め、3年生の時には和歌山県大会で2位。南海電鉄に入社後、35歳まで同電鉄の卓球部に所属し、社内大会シングルスで10年連続優勝を飾っている。
定年退職後の平成12年(2000)、地元の卓球愛好家とともに「橋本市ラージボール協会」を設立。硬式卓球からラージボールに切り替え、現在会員30数人(60歳代~80歳代)と共に活動している。
児嶋さんは68歳の時、練習中に転倒して右肩の筋肉が断裂。70歳で前立腺がん・喉頭がん手術を受けたが、全国ラージボール卓球大会(男子シングルス)には連続出場。喉頭がん手術後の70歳、75歳の時に優勝、昨年は3度目の栄冠に輝いた。
現在は「身体障害者手帳」と「障がい者スポーツ指導員」資格を持ち、橋本市の障害者スポーツ大会(グランドゴルフ、ボーリング、ボッチャ競技)にも積極的に参加。障害に悩む人々に夢と希望をあたえている。
和歌山県はその活躍ぶりをたたえ、紀の国チャレンジド賞の中の「チャレンジ賞」を授与。ラージボール協会会員からも「おめでとう」と讃えられている児嶋さんは、「自らの障害をスポーツで克服し、健常者に負けないよう頑張りたい。障害を持つ方々には、ぜひ、卓球の素晴らしさを教えたい」と語っている。
他の「チャレンジ賞」受賞者は鈴木淳仁さん、上森力さん、上田榮子さん、「自立更生者賞」は北山尋唯さん、網代定子さん=順不同。
写真(上)は和歌山県の「紀の国チャレンジ賞」を受賞した児嶋さん。写真(中)は仁坂知事=右=から「紀の国チャレンジ賞」を受賞する児嶋さん。写真(下)「全国ラージボール卓球大会・男子シングルス」で3度目優勝を飾った児嶋会長。

更新日:2019年12月28日 土曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事