ニュース & 話題

岡潔博士「箴言かるた」12月発売♪講演会も開催

和歌山県橋本市の名誉市民で世界的超1級の数学者・岡潔(おか・きよし)博士(1901~78年)の偉業を知ってもらおうと、橋本市岡潔数学WAVEは、同市教育文化会館で、近く製作・発売する「岡潔先生 箴言(しんげん)かるた」原画展を開いた。木地茂典(きじ・しげのり)会長は「岡博士の真意が感じられる、素敵なかるたです。ぜひ、発売日をお楽しみに」と言っている。
岡博士は世界の数学者が100年かかると言われた3大難問を一人で解いた天才。文化勲章受章者。
箴言とは格言、金言のこと。岡博士は講演会や著名人との対談で、これまた超一級の箴言を残しており、その素晴らしさをわかり易く伝えようと今年6月、同WAVEかるた部会=奥村浩章(おくむら・ひろあき)部会長ら4人=が発足した。
同部会は改めて岡博士の書籍「春宵十話」「風蘭」「人間の建設」など10数冊を熟読吟味。そのうち「風蘭」に掲載された岡博士吟詠の和歌2首と、部会員が箴言98言を選んで和歌に仕上げた。その計100首の水彩画は、高野町富貴在住の絵本画家・上辻淑子(うえつじ・としこ)さんに依頼した。
岡博士は「深山木(みやまぎ)の梢に生ふる風蘭(ふうらん)の香り床しみ文に名づけつ」や「梅雨明けの草深き庭の片隅に幼きころのダーリアの花」と詠み、そこには風蘭を眺める平安装束の男女や、ダーリアに見入る母子が描かれ、いずれもにっこり微笑んでいる。
部会員らが選び、韻律を整えた和歌は、例えば「大いなるみどりの地球奇跡なり奇蹟をまもる宇宙の存在」「人が先き自分を後にこの訓(おし)え世界の紛争すべてかいけつ」などと詠み、古代生物やパーティー場面の雰囲気が描かれている。
この「岡潔先生 箴言かるた」は11月24日(日)、県立体育館の「すこやか橋本 まなびの日」でも原画を展示。12月21日(土)に「名誉市民岡潔顕彰事業講演会」が開かれる橋本市教育文化会館では、原画展を開くとともに「岡潔先生 箴言かるた」=1箱100枚入り2500円(税別)=を発売する。
同講演会は午後2時30分受付、同3時開演。中沢新一・明治大学特任教授が「岡潔の未来」と題し語る。入場無料。
今回の「岡潔先生 箴言かるた」製作を企画した奥村・部会長は「数学はもちろん、文学・哲学にも優れた岡博士です。100首の和歌を通じて、岡博士の大切にされた『日本人の情緒』などを感じていただきたい」と話している。
写真(上、下)は「岡潔先生 箴言(しんげん)かるた」原画展に飾られた岡博士の和歌2首。写真(中)は橋本市教育文化会館での原画展風景。

更新日:2019年11月20日 水曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事