ニュース & 話題

天皇陛下の即位奉祝♪橋本・子安地蔵寺で御朱印頒布

天皇陛下の即位の中心儀式「即位礼正殿(せいでん)の儀」が皇居・宮殿で行われた令和元年10月22日、和歌山県橋本市菖蒲谷の高野山真言宗・子安(こやす)地蔵寺=島田弘恭(しまだ・こうきょう)住職=では、正殿の儀を奉祝する「特別御朱印(ごしゅいん)」を参拝者に授与・頒布した。その期間は10月31日までの予定だが、枚数に限りがある。授与・頒布料は1枚500円。
この特別御朱印は、大和の銘木・吉野杉を薄板状に削り、裏側に和紙を貼った官製はがき大で、約80枚を用意した。そこには金文字で「奉祝 即位礼」と染め、島田住職らが墨で「奉拝 地蔵菩薩 地蔵寺 令和元年十月二十二日」としたためている。
この日、島田凌弘(しまだ・りょうこう)副住職が、参拝者の眼前で、奉祝・即位礼の筆を運ぶと、家族連れらは流麗な文字と、吉野杉の香りに大喜び。
中学校の国語教師でFMはしもとパーソナリティーでもある島田副住職は、「この御朱印は皆様の御守りでもあります。正殿の儀の奉祝とともに、皆様の幸せを祈ります」と話した。
妻子と共に訪れた物流会社経営・山田和則(やまだ・かずのり)さんは、「とても大切なので、ずっとわが家に飾ります」と笑顔を見せていた。
子安地蔵寺は四季の花々が美しい「関西花の寺25か所」の1つで、とくに九尺藤(くしゃくふじ)の寺として名高く、元・紀州徳川家・安産祈願所。入山料は300円(中学生以上)。
交通の便は、電車の場合=南海高野線・御幸辻駅で下車、徒歩約30分。同・林間田園都市駅か橋本駅、JR和歌山線・橋本駅で下車、タクシーで約15分。京奈和自動車道・橋本ICから車で10分前後のところ。問い合わせは同寺(0736・32・1774)へ。
写真(上)は特別御朱印の筆を運ぶ島田副住職と見入る参拝家族。写真(中)は両親と訪れた子どもが「特別御朱印」を上手に披露。写真(下)は「即位礼 正殿の儀」当日、子安地蔵寺を訪れた参拝者の皆さん。

更新日:2019年10月23日 水曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事