ニュース & 話題

くどやまアートウィーク開幕♪心打たれる芸術空間

まち全体を丸ごと美術館に見立てて、美術作品を出展した「くどやまアートウィーク2019」が、9月29日、和歌山県九度山町で開幕した。このまちは戦国武将・真田幸村の閉居地でもあり、通称・真田のみち(九度山商店街)を中心に、沢山の芸術作品が飾られている。10月14日(月)まで。鑑賞無料。
くどやま芸術祭実行委員会が主催、南海電鉄と大阪芸術大学の後援で、この日、紀の川南岸の道の駅「柿の郷くどやま」芝生広場でオープニング。
先ず、岡本章(おかもと・あきら)委員長(町長)が「皆さんと共に芸術空間を楽しみたい」と挨拶し、森一司(もり・ひとし)副委員長が開会を宣言。紀州九度山真田鉄砲隊が、勇荘な殺陣(たて)・鉄砲演武を繰り広げた。
この後、会場では音楽に乗せて、真っ白な鯉幟を色鮮やかな鯉幟に変身させる「tsubasa.ライフペインティング」や、フランス人・チェロリストのロビン・デュプイさんのチェロライブ「クラシックリミックス」などが披露され、大勢の観光客が〝光と音の芸術〟に感激した。
すぐそばの、小さなピアノ玩具や、もの作り材料を並べたテント張りの体験会場でも、子供たちが口を引き締め、目を丸くして挑戦し、それを親御さんが見守っていた。
道の駅「柿の郷くどやま」体験研修施設では、「大西高志(おおにし・たかし)・池原悠太(いけはら・ゆうた)・AWAYA3氏コラボ展」があり、真田のみち周辺の商店・民家など約40か所では、作家約30人と地元団体3団体、地元フォトクラブなどの絵画や造形、写真、刺繍(ししゅう)などが展示され、多くの観光客を心を魅了していた。
10月6日(日)午前10時~午後4時は「真田のみち」の空き地や空き家でフリーマーケットや軽トラ市が開かれ、アーティストによるライブペイントがあり、シャツターや壁をアートで彩る。
同13日(日)午後3時30分~同8時には、世界遺産・慈尊院や丹生官省符神社でクロージングセレモニーがあり、あまのね特別奉納演奏「秋の黄昏ライブ」、あわ屋/AWAYA特別奉納演奏「紅高野」を披露。夕暮れには灯籠に点灯、ライトアップされる。
問い合わせは、くどやま芸術祭実行委員会事務局(九度山町産業振興課内)=電話0736・54・2019、FAX0736・54・2022)。
写真(上)は紀州九度山真田鉄砲隊の勇荘な鉄砲演武。写真(中)は子供たちを楽しませる「もの作り体験コーナー」。写真(下)は心魅かれる大西高志さんらのコラボ展。

更新日:2019年9月30日 月曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事