ニュース & 話題

かつらぎ町長選、中阪氏が初当選!町活性化尽力誓う

和歌山県かつらぎ町の町長選挙は9月22日、町内32か所で投票が行われ、午後9時から同町総合文化会館で即日開票の結果、新人で元・海南市産業振興課長の中阪雅則(なかさか・まさのり)氏(57)が、3選を目指す現職の井本泰造(いもと・たいぞう)氏(67)=自民推薦=を破り、初当選した。
この日午後9時45分頃、「中阪氏当選」の一報が選挙事務所に入ると、大勢の支持者が大歓声。中阪氏は支持者と万歳三唱、花束を贈られた後、謝辞を述べ、「まちの活性化に尽力する」と誓った。
また、中阪氏は報道陣の取材に対し、「防災整備を初め、スクールバスや、高齢者の病院通い、買い物のしやすい交通の便を図りたい」と言明。
「世界遺産・高野山の参拝・観光客は年間約150万人にのぼり、地元には名高い丹生都比売(にうつひめ)神社がある。多くの方々にフルーツ王国の当町に立ち寄っていただきたい」と述べた。
最後に「井本氏の得票も多く、町を二分した形。井本氏のいいところを認め、早々に若者会議を立ち上げ、皆様の意見を聴きながら、町民一丸となってまちづくりに取り組みたい」と話した。
町長選開票結果(選管確定)=当選5091票・中阪雅則氏57無新、4709票・井本泰造氏67無現。当日有権者数1万4478人、投票者数9897票で投票率68・36%。
写真(上)は支持者から花束を贈られ挨拶する中阪氏ご夫妻。写真(中)は中阪氏。写真(下)は大勢の支持者と共に万歳三唱する中阪氏ご夫妻ら。

更新日:2019年9月23日 月曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事