ニュース & 話題

夏休みの子ら玉川遊泳♪両親見守り、歓声上がる

高野山麓を流れる関西の秘境、和歌山県橋本市~九度山町の「玉川峡谷」で、夏休み中の子供たちが両親らに見守られながら、山河の素晴らしさを満喫している。
玉川(紀伊丹生川)は、緑豊かな紀伊山地から、名高い紀の川にそそぎ、嘉吉元年(1441)の玉川由来記「玉川四十八石」通り、清流とともに岩石が素晴らしい。
急流が岩々に砕けたり、プール状に淀んだり。ある親子5人連れは、川原にテントを設け、思う存分に水遊び。子供たちは浮輪をつけたまま、岩場から飛び込んだり、水中で両親と戯れたり、歓声が上がる。
別の場所では、長い竿を持った太公望が、ひざまで清流に入り、アユの友釣りを楽しんでいた。
玉川沿いには「温泉総選挙2018」でファミリー部門1位の温泉宿泊施設「やどり温泉いやしの湯」やキャンプ場もあり、とくに夏休みの子供たちの「思い出の舞台」となっている。
写真(上)はお父さんに見守られながら遊泳を楽しむ女の子たち。写真(中)は岩場からダイビングする浮輪の女の子。写真(下)は自然にとけこむ親子5人の思い出に残る風景。

更新日:2019年8月7日 水曜日 00:06

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事