ニュース & 話題

かつらぎ町長選、現新一騎打ちか!井本氏と中阪氏

任期満了に伴う今年9月の和歌山県かつらぎ町の町長選挙で5月15日、元海南市くらし部環境課長で新人の中阪雅則(なかさか・まさのり)氏(57)が「新しい風を!」と立候補を表明した。すでに現職の井本泰造(いもと・たいぞう)氏(67)が3期目を目指して立候補を表明しており、現職・新人の2人の選挙戦になりそう。
中阪氏はかつらぎ町背ノ山在住で、中京大学を卒業。現在、和歌山県水泳連盟副理事長。記者会見で中阪氏は「防災・減災対策、産業(農林・商工業)の活性化、子育て環境・教育、福祉施策の充実に取り組みたい」と語った。
井本氏は同町丁ノ町在住で、県立笠田高校を卒業。同町企画公室長などを歴任。これまで、まちの活性化や健康づくり、防災・防犯推進などに努めてきたが、さらに「子育て支援、教育、高齢者対策を加え、頑張りたい」と語った。
同町長選挙は9月17日告示、同22日投開票される。
写真(上)は町長選挙で現職・新人の一騎打ちの公算が浮上したかつらぎ町の風景=町役場周辺。写真(中)は立候補表明ずみの現職・井本氏。写真(下)は15日に立候補表明した中阪氏=顔写真紹介は立候補表明順。

更新日:2019年5月16日 木曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事