ニュース & 話題

恋の♡チューリップまつり♪4月~ライドもあるよ

奈良時代のヒロイン・中将姫ゆかりの、和歌山県橋本市恋野3419で栽培中の「恋の♡チューリップ畑」で、橋本商工会議所は4月6、7両日、初の「恋のまちはしもと!チューリップまつり」を開き、同6日には人気のインドアバイク&アウトドアインストラクター・平野由香里(ひらの・ゆかり)さんを招いて、「恋のチューリップライド」を繰り広げる。同会議所は「美しく咲いた恋のチューリップをご覧になり、恋人同士だけでなく、家族や仲間そろって、楽しい春のひとときを過ごしてください」と、参加を呼びかけている。
中将姫は天平19年(747)、従一位右大臣の朝臣・藤原豊成と品沢親王の息女・紫の前の間に出生。幼い頃に母と死別し、父は後妻を迎えた。中将姫は英知に富み、容姿端麗(ようしたんれい)で、これをねたむ義母の殺害計画から逃れ、2年3か月の間、恋野の里に隠れ住んだと伝わる。中将姫の位牌を安置した「福王寺」をはじめ、「糸の架け橋」「似賀尾池(にがおいけ)」など見どころが多い。
「恋の♡チューリップ畑」は、約1500平方メートルの広さで、紀の川南側の高台にある。同会議所の企画で昨年11月、市内企業の男女ボランティアら約170人が参加。計約2万個の球根をハート型に植えた。今すでに開花を始めており、4月上旬には綺麗に咲きそろいそう。
「恋のまちはしもと!チューリップまつり」は、4月6(土)7(日)両日午前10時~午後4時に開催。恋の米、パン、園芸品、飲食などの出展ブースが並ぶほか、「恋みくじ」や「恋占い」も行い、「恋のオリジナルグッズ販売」もある。
「恋のチューリップライド」は6日(土)に開催。平野由香里さんは午前11時30分頃、チューリップ畑に登場する予定。Aエントリーのスポーツバイク部門は午前10時~午後4時、Bエントリーのファミリー部門(ママチャリなど)は午前10時~自由解散(雨天の場合は車での周遊OK)で、いずれも定員50人(50台)。小学生以下は保護者同伴としている。
恋野地区の辻本賢三(つじもと・けんぞう)元区長は「この企画は寺本伸行(てらもと・のぶゆき)商工会議所会頭の発案と、地元農家のご協力で実現しました。中将姫伝説の恋野は、四季の自然に恵まれ、展望台や休憩所も設けています。ぜひ、周遊してください」と言っている。
「恋のチューリップライド」の参加費は、Aエントリー1人3000円(食事券2000円含む)。Bエントリー1人2000円(食事券1000円含む)で、当日、現金支払い。
申込は3月20日(水)必着。申込方法はメール(koino.tulip.ride@gmail.com)かFAX(0736-33-3326)=記載事項(住所・氏名・年齢・連絡先(携帯)。郵送は橋本商工会議所 〒648-0073 和歌山県橋本市市脇1-3-18)。
詳細は橋本商工会議所HP。問合せは「橋本おっさんサイクルマン」の梶川代表 (TEL:090-8986-0403)へ。
写真(上)は綺麗に咲き始めた「恋の♡チューリップ畑」。写真(中)はハート型にチューリップを植える企業ボランティアら=昨年11月。写真(下)は参加を呼びかける恋野の見どころ表示板=橋本商工会議所で。

更新日:2019年3月15日 金曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事