ニュース & 話題

JR橋本駅で新型車両展♪23日=見学や記念撮影

JR和歌山線に今春デビューする「新型車両(227系)展示会」が2月23日(土)、和歌山県橋本市古佐田のJR橋本駅で開かれる。鉄道ファンには大切な機会であり、坂本純一(さかもと・じゅんいち)駅長は「ぜひ、お越しください」と呼びかけている。入場無料=但し、駅係員から入場証をもらうこと。
和歌山線は明治33年(1900)に全線開通。新型車両は3月16日(土)、約30年ぶりに導入。車内は自動で温度調整し、多機能トイレを設置、JR西日本初の「ICOCA(イコカ)」など交通系ICカードの改札機を搭載、快適走行となる。
「新型車両(227系)展示会」は、2月23日(土)午前11時50分頃~12時40分頃、橋本駅・2番のりばで開催。停車した新型車両(4両編成)を開放し、鉄道ファンは「すわり心地体験」や「車内整備の見学」などができる。
子ども向けイベントとして「こども制服を着用しての記念撮影」や「新型車両の館バッジのプレゼント」をはじめ、「ゆるキャラ(ご当地キャラクター・わっふる)によるおもてなし」などがあり、地元名産の「はたごんぼ茶」の振る舞いや、各種物販も行われる。
新型車両は同日午前10時30分頃、和歌山駅を発車し、岩出駅を同11時頃、粉河駅を同11時15分頃、妙寺駅を同11時30分頃にそれぞれ通過、橋本駅に同11時45分頃到着する予定。
一方、これに合わせて、沿線では「新型車両に手を振ろう」が展開され、住民らが横断幕やメッセージボードでパフォーマンス。県立那賀高校・放送部員が、車内から撮影して、PRムービーを作成。全国発信することになっている。
写真(上)はJR橋本駅・架橋通路で新型車両の写真などを紹介する坂本駅長。写真(中)はJR橋本駅に到着した試運転中の新型車両。写真(下)はJR橋本駅に掲示されている新型車両のポスター。

更新日:2019年2月15日 金曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事