ニュース & 話題

迎春♪除夜の鐘~橋本の妙楽寺・幸せと本堂再建祈る

和歌山県橋本市東家の真言律宗・妙楽寺=岩西彰真(いわにし・しょうしん)住職=で、平成30年・大晦日から同31年元旦にかけて、除夜の鐘つきと初詣が行われた。檀家のない寺院とはいえ、心豊かな善男善女が参拝し、心身清浄な姿で新春を迎えた。
同寺は820年(弘仁11)に弘法大師・空海が創建。戦火被災などで再建を繰り返し、平成23年(2011)秋、本堂と庫裏の屋根が、老朽化と台風のため崩落・撤去。本尊・薬師如来座像など3体(県重要文化財)は、橋本市郷土資料館で保存されている。
鐘楼門は江戸時代の入母屋造り。瓦葺き屋根で二つの鯱(しゃちほこ)が反り返り、全体は菊の御紋入り丸瓦で飾られ、天井からは梵鐘(ぼんしょう)が吊るされている。
大晦日の午後11時から除夜の鐘が始まり、子供から高齢者まで、本堂再建の心を込めて、賽銭(さいせん)を投じ、鐘楼門の下から紐(ひも)を引っ張ると、梵鐘は人々の胸の奥底に鳴り響いた。
岩西住職は元旦に年改まると同時に、善男善女とともに仮本堂で読経。家族安泰や世界平和を祈った。境内では寒さ除けの〝どんど焼き〟が行われ、岩西住職の母・康子(やすこ)さんが丁寧に甘酒接待。善男善女は〝どんど焼き〟で暖まり、お神酒や甘酒をいただき、元旦挨拶を交わしていた。
妙楽寺再建再興委員会の奥村浩章(おくむら・ひろあき)会長は「まさに本堂再建は、檀家の全くない寺であるうえ、会員も年々高齢化していて、そう簡単ではありません。多くの方々に妙楽寺の良さを知っていただき、なるべく早く再建再興を実現したい」と話していた。
写真(上、中)は妙楽寺・山門で紐を引っ張り除夜の鐘をつく善男善女たち。写真(下)は〝どんど焼き〟で暖まりながら、新年を迎える人々。

更新日:2019年1月1日 火曜日 01:26

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事