ニュース & 話題

新春は一風呂浴びて♪高野山麓の秘境・やどり温泉

新春は一風呂あびて幸せに~。「温泉総選挙2018」上半期ランキング・ファミリー部門1位となっている、和歌山県橋本市北宿の市設民営・温泉宿泊施設「やどり温泉いやしの湯」=西裕生(にし・ゆうき)社長=は、「ぜひ、関西の秘境・玉川峡の素晴らしい風景と、ここから湧く天然温泉の力で、幸せな1年になりますように」と話している。
「やどり温泉いやしの湯」は平成24年(2012)3月にオープン。地下約1300メートルから湧き出すお湯は「お肌すべすべ」のナトリウム塩化物温泉。
弘法大師・空海が開いた高野山のふもとの玉川峡にあり、玄関前を流れる県の名勝・玉川(紀伊丹生川)は、美しい岩石が沢山望める「玉川四十八石」(玉川由来記)として名高い。
同温泉の場所は、橋本の市街地から世界遺産・高野山に向かうコース(国道371号)の途中にあり、同コースへは戦国武将・真田幸村ゆかりの九度山町からも玉川(紀伊丹生川)沿い県道から合流できる。今は岩を洗う清流と、冬紅葉の山の風景は、格別な趣(おもむき)を醸し出している。
入浴料金は大人(中学生以上) 610円、小人(3歳以上、小学生以下)300円。食事は例えば「やどり名物・唐揚げ定食」850円など。宿泊料金(2人以上)=夕食、朝食付き=1人9900円から。
営業は金、土、日、月曜日と祝日。年始は1月7日(●)まで。営業時間は午前11時~午後9時(最終受付同8時)。食事は午前11時30分~午後8時(12月31日のみ同6時)。
西社長は「温泉総選挙2018上半期・ファミリー部門で、皆様から最高投票をいただき感謝しています。新年も皆様に喜んでいただけるよう頑張りたい」と話した。
問い合わせは「やどり温泉いやしの湯」(電話0736・32・8000)。
写真(上)は「やどり温泉いやしの湯」の浴場。写真(中)は野菜も魚も新鮮な食事。写真(下)は玉川峡そばの「やどり温泉いやしの湯」。

更新日:2018年12月31日 月曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事