ニュース & 話題

初雪きれいに♪山茶花やゴンちゃん~橋本伊都地方

高野山麓の和歌山県橋本・伊都地方は、ご用納めの12月28日、最低気温1度で、今冬初の雪が降り、紀の川流域のまちも山河も、しばらく白銀の世界となった。
午前8時頃に降り始め、最初は牡丹雪、やがて粉雪にかわり、あたりは雪雲につつまれたようで、何も見えない。やがて小降りになると、まちの山茶花がくっきりと目鼻先にあらわれ、国城山の山肌には積雪模様が描かれている。
市役所職員らは、ご用納めとあって、机上など身辺を整えたうえ、訪れる市民には「来年もお元気で」「私も頑張ります」などと丁寧に挨拶していた。
一方、九度山町の女人高野別格本山・慈尊院では、参拝者が雪を踏みしめ、弘法大師・空海のご母堂を祀る本堂や、金色の光背輝く今は亡き高野山案内犬ゴンの石像に手を合わす。
安念清邦(あんねん・せいほう)住職は「この雪の中、高野山に向けて、町石道を登る人もいます」と、その心意気、健脚ぶりを喜び、「来年も皆様方の幸せを祈ります」と話していた。
写真(上)は雪がやんであらわれた山茶花と国城山の山肌の斑雪(まだらゆき)。写真(中)は吹雪にかすむ紀の川・九度山橋と山河の風情。写真(下)は雪に輝く慈尊院の高野山案内犬ゴンの石像。

更新日:2018年12月29日 土曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事