ニュース & 話題

濃霧とコスモスの世界♪橋本・恋野の浮御堂周辺

和歌山県橋本市は10月25日早朝、濃い霧に包まれ、中将姫ゆかりの同市恋野の「浮御堂(うきみどう)」周辺では、満開のコスモスが夢のような光景を見せた。
午前6時半頃の紀の川・恋野橋は、すべて霧の中で、川面は見えず、車はヘッドライトを点けて、しずかに往来するばかり。
午前7時過ぎ、浮御堂の空には、日輪の影がぼんやり。お堂は後ろの雑木林とともに、池の面に影を落とし、木々に張られたクモの巣は、霧にぬれている。
コスモスの群生に近付くと、見えるのはピンクやホワイトのコスモスばかり。あたりの土手や田んぼや畦道は、すべてかすんで見えた。
このすてきな場所は、橋本市コミュニティーバス「浮御堂前」バス停付近。俳句の世界では「霧」も「コスモス」も秋の季語である。
写真(上)は満開のコスモスと霧にかすむ浮御堂。写真(中)は池に影を落とす浮御堂と霧で見えない太陽。

更新日:2018年10月25日 木曜日 22:58

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事