ニュース & 話題

やどり温泉がファミリー部門1位!温泉総選挙上半期

日本の魅力ある温泉地を国民投票により表彰する「温泉総選挙2018」上半期ランキングで、和歌山県橋本市北宿の市設民営・温泉宿泊施設「やどり温泉いやしの湯」=西裕生(にし・ゆうき)社長=が、ファミリー部門で1位となった。年間ランキングは下半期の投票後に発表されるが、西社長は「ここは高野山麓・玉川峡の橋本自慢の温泉なので、多くの参拝・観光客の方々に喜ばれるよう頑張りたい」と張り切っている。
「やどり温泉いやしの湯」は、平成24年(2012)3月にオープン。地下約1300メートルから湧き出すお湯は「お肌すべすべ」のナトリウム塩化物温泉。
弘法大師・空海が開いた高野山のふもとの玉川峡にあり、玄関前を流れる県の名勝・玉川(紀伊丹生川)は、美しい岩石が望める「玉川四十八石」(玉川由来記)で名高い。
「温泉総選挙2018」は、旅して日本プロジェクト主催、環境省、観光庁、経済産業省、総務省、内閣府など後援。温泉地の魅力を伝えるエントリー部門は「ファミリー」「歴史・文化」「うる肌」「リフレッシュ」「スポーツ・レジャー」「健康増進」「女子旅」「外国人おもてなし」「絶景」の計9部門。
この各部門ごとに公式WEBサイトやリアルイベントからの国民投票により、各部門1~5位に入賞した温泉地の中から、選考委員会により、環境大臣賞、観光庁長官賞などを選考、表彰される。エントリーも表彰も大きく温泉地アピールにつながる。
上半期ランキング1位はファミリー部門=やどり温泉いやしの湯、歴史・文化部門=長崎県島原市・雲仙市・南島原市の島原半島・雲仙温泉郷、うる肌部門=山口県鳴門市の油谷湾温泉、リフレッシュ部門=北海道河東郡上土幌町のぬかびら源泉郷、スポーツ・レジャー部門=長野県下高井郡野沢温泉村の野沢温泉、健康増進部門=福島県福島市の高湯温泉、女子旅部門=群馬県吾妻郡中之条町の四万温泉、外国人おもてなし部門=徳島県三好市の大歩危・祖谷温泉郷、絶景部門=石川県加賀市の片山津温泉となっている。
「やどり温泉いやしの湯」は上半期(平成30年5月14日~9月30日)投票で計2756票を獲得。下半期(~同31年1月31日)の獲得票を加算して年間ランキングを決定。3月上旬の表彰式で、部門賞(9部門)や省庁賞(4賞を予定)、特別賞が贈られる。
西社長は「ここは世界遺産・高野山に登る一コース(国道371号)沿いにあり、玉川峡はアユ・アマゴ釣りの本場です。大阪・難波に近い温泉で、お湯も自慢できます」と話している。
「やどり温泉いやしの湯」の入浴料金は大人(中学生以上) 610円、小人(3歳以上、小学生以下)300円。食事は例えば「やどり名物・唐揚げ定食」850円など。宿泊料金(2人以上)=夕食、朝食付き=1人9900円から。
営業は金、土、日、月曜日と祝日の午前11時~午後9時(最終受付同8時)。問い合わせは「やどり温泉いやしの湯」(電話0736・32・8000)。
写真(上)は自然豊かな環境にある「やどり温泉いやしの湯」。写真(中)は野菜も魚も新鮮な食事。写真(下)は「お肌すべすべ」のナトリウム塩化物温泉。

更新日:2018年10月23日 火曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事