ニュース & 話題

学文路天満宮20日正遷宮♪舞楽・神楽・ライブ奉納

「学問の神様」と尊崇される菅原道真(すがわら・みちざね)公を祀る、和歌山県橋本市南馬場821の学文路(かむろ)天満宮で10月20日(土)、「正遷宮奉祝祭(しょうせんぐうほうしゅくさい)・奉納演芸」が行われる。菅野一三(すがの・いつぞう)宮司は「皆様のご協力により、建物の新築・改築・修復ができました」と謝辞を述べ、「ぜひ、奉納演芸を楽しんでください」と言っている。
同天満宮は天治元年(1124)に御勧請(ごかんじょう)。明治42年(1909)に学文路村内七ケ字の神々55柱を合祀(ごうし)。道真公は観世音の化身と言われ、「学問の神」「和歌の神」「書道の神」として尊崇されている。
今回は20年に1度の「正遷宮」で、祝詞殿(のりとでん)や幣殿(へいでん)、社務所を改修、拝殿やトイレを改築、菅公殿(かんこうでん)や倉庫を新築、神輿(みこし)を修復、境内を整備、担ぎ山車(だんじり)や飾り幕を修復した。
「学文路天満宮奉祝祭」は、20日午前10時に開始。報鼓(ほうこ)、修祓(しゅうばつ)、宮司一拝(いっぱい)、献餞(けんせん)、祝詞奉上(のりとほうじょう)、玉串拝礼(たまぐしはいれい)、撤饌(てっせん)、宮司一拝、報鼓、宮司挨拶、直会(なおらい)、神酒拝載(みきはいたい)と進み、神谷重廣(かみたに・しげひろ)学文路区長会長が挨拶する。
続いて「学文路天満宮正遷宮委員会奉祝祭」は、岩木彬員(いわき・あきひろ)責任役員が開式の辞を述べ、塙本隆弘(はねもと・たかひろ)委員長が、協力企業代表に感謝状を贈呈。平木哲朗(ひらき・てつろう)市長らが来賓祝辞、アドソル日進株式会社の上田富三(うえだ・とみぞう)社長が受賞者を代表して謝辞、大橋智夫(おおはし・ともお)責任役員が閉式の辞で締めくくる。
「学文路天満宮・演芸奉納」は午後1時から、拝殿前の菅公殿で開催。和歌山雅楽会メンバー16人が舞楽(ぶがく)、地元の日本民謡竹風会の5人が民謡、高野口町の小田神楽(おだかぐら)の5人が獅子舞(ししまい)、無雙直傳英信流(むそうじきでんえいしんりゅう)が居合道、シンガーソングライター・ウインズ平阪さんら7人がミニライブを披露する。
当日午前9時~午後5時、境内全域が通行止め。臨時駐車場は紀の川南側を走る国道370号沿いの「天満神社 一の鳥居」を北側へくぐったところ。
秋の禮大祭・宵宮は10月27日(土)、本宮は同28日に行われる。
写真(上)は昔の姿のまま新築された学文路天満宮の拝殿。写真(中)は参道両脇に並ぶ学文路天満宮・正遷宮の幟端。写真(下)は奉納演芸が披露される管公殿の外観。

更新日:2018年10月4日 木曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事