ニュース & 話題

初の「インタミートat秋の橋本市」スマホで楽しく

インスタグラムが好きな人たちの撮影会「インタミートat 秋の橋本市」が10月13日、和歌山県橋本市御幸辻の杉村公園で初めて開かれることになった。SNSコーディネーター・万谷絵美(まんたに・えみ)さんやフォトグラファー・田中純子(たなか・じゅんこ)さんがゲスト参加する。同市経済部シティーセールス推進部は「ぜひ、散策・撮影を楽しみ、素晴らしい秋の自然風景を発信してください」とアピールしている。参加無料。申込みが必要で締切は10月11日(木)。
杉村公園(約12・5ヘクタール)は、日本建築「松林荘(しょうりんそう)とともに昭和45年(1970)、実業家の故・杉村林之助さんが同市に寄贈。八王子池や丸尾池、とんぼ池があり、四季折々の花が咲いて、野鳥のさえずりが絶えない。
初の「インタミートat 秋の橋本市」は、10月13日(土)午前10時から正午頃まで開催。当日、参加者らは信愛女子短期大学生で構成する「はしもとインスタ女子部」とともに公園内を散策。ゲストの万谷さん(株式会社Crop代表取締役、ライター)や田中さん(ハッピーフォトアンバサダー)から、構図や写真加工などを教わり、インスターグラムを通じて、魅力発信することになる。
シティーセールス推進課の城野将志(じょうの・まさし)定住促進係長は「お互いに情報交換しながら、楽しく盛り上がってください」と呼びかけている。
参加申込先は橋本市経済推進部シティセールス推進課=メール(chiikisn@city.hashimoto.lg.jp)で氏名、電話番号、住所、参加人数を送信。小雨決行だが「荒天中止」の場合は、申込み時のアドレスメールで知らせる。
集合場所は杉村公園内の橋本市郷土資料館近くの駐車場(南海高野線・御幸辻駅から北西へ徒歩約5分)。
写真(上)は「はしもとインスタ女子部」のスマートホン撮影画像。写真(中)は万谷絵美さん。写真(下)は田中純子さん。

更新日:2018年10月2日 火曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事