ニュース & 話題

高野山麓の犬?平家?石童丸?スマホで謎解きいかが

高野山麓の伝説スポットを巡る「謎解きモバイルスタンプラリー」が、8月1日~平成31年1月31日、和歌山県橋本市、かつらぎ町、九度山町、高野町一帯で開かれる。実施主体の橋本・伊都観光協議会=会長・平木哲朗(ひらき・てつろう)橋本市長=は「スマートホンを片手に名所を巡り、豪華景品を獲得してください」とアピールしている。
このモバイルスタンプラリーの参加方法は、スマートホンなどの携帯端末で、PRチラシのQRコードを読み取るか、検索サイトで「高野山麓謎解きモバイルスタンプラリー」で検索し、ウェブサイトを表示。ユーザーが登録し、3つのテーマからチャレンジしたいテーマを選択し、謎解きをスタートする。
その謎解きテーマは▽高野山麓の神様と2匹の犬にまつわる謎(5問)=エリアはかつらぎ~高野~九度山町で、移動時間は車+徒歩で約180分▽高野山麓と平家の謎(4問)=エリアは高野町~かつらぎ町で、移動時間は車+徒歩で約160分▽石童丸物語の謎(4問)=エリアは橋本市~高野町で、移動時間は車+徒歩で約130分。
各テーマに関連した歴史的な人物のキャラクターが画面上に登場し、ゲーム感覚で参加できる。
スタンプの獲得方法は、選択したテーマのストーリーに沿って謎を解き、正答後に示されるスポットでスマートホンなどの携帯端末のGPS機能を利用し、スタンプを獲得する。
謎の「ヒント」や「スーパーヒント」の提供として▽謎が解けない場合は、謎の出題画面で「ヒント」を見ることができ、さらに謎が解きやすくなる「スーパーヒント」も、周辺の飲食店や土産物店などを利用することで入手できる。モバイルラリーのサイト上では、観光スポットや飲食店・土産物店など計83か所を紹介している。
賞品の応募方法は、スタンプを獲得するこどにポイントがたまり、ポイント数に応じて、最大5口まで応募できる。当選商品はA賞=高野山宿坊1泊2日ペア宿泊券(1人)、B賞=山荘天の里・ディナーペア招待券(2人)、C賞=高野山麓地域からのお楽しみプレゼント(12人)で、参加賞はオリジナル手ぬぐい(応募先着100人)となっている。
問い合わせは橋本・伊都広域観光協議会(事務局=和歌山県伊都振興局企画産業課)=電話0736・33・4909(平日午前9時~午後5時45分)へ。
写真は「謎解きモバイルスタンプラリー」のPRチラシより。

更新日:2018年7月28日 土曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事