ニュース & 話題

空海の真筆・拓本か!大柴研究員「楷行草」など究明

日本三筆の一人である弘法大師・空海(774~835)の嵯峨天皇に宛てた真筆・書簡(しんぴつ・しょかん)を伝える拓本が確認できたとして、6月6日、高野山大学密教文化研究所(和歌山県高野町)の大柴清圓(おおしば・しょうえん)研究員(44)が、和歌山県伊都振興局で報道陣に発表した。
この貴重な拓本は、江戸時代中期の制作で、四天王寺大学恩頼堂(おんらいどう)文庫(大阪府羽曳野市)が所蔵。とくに空海の書の研究第一人者で、高野山真言宗総本山・金剛峯寺の静慈圓(しずか・じえん)寺務検校執行法印(じむけんぎょうしぎょうほういん)は、「この素晴らしい筆跡から見て、空海の真筆・書簡の拓本に間違いなく、歴史的な発見だと思います」と、その発見・確認を讃えている。
この書簡は、横の長さ239・9センチ、縦の幅27・8センチの巻紙。空海が嵯峨天皇から100トンの綿(めん)と、七言詩を与えられた際、その感謝の気持ちを込めた漢詩文と和韻詩(わいんし)を書いて返礼した「奉謝恩百屯綿兼七言詩詩一首幷序(ほうしゃおんしひゃくとんめんけんしちごんししいっしゅならびにじょ)」である。
その書簡内容は、空海の愛弟子(まなでし)の真済(しんぜい)が、常に空海の隣で、空海の書跡を丹念に書き写し、編纂(へんさん)したとされる、漢詩文集「性霊集(しょうりょうしゅう)」巻第三に記されている。但し、その真筆・書簡の原本は現在、発見されていない。
拓本とは、原本(真筆)上に油を染み込ませ、半透明にした紙を載せて、文字の輪郭をなぞった後、その紙を板木に載せて彫るという、極めて真筆・原本に近いしろもの。今回確認された「性霊集(しょうりょうしゅう)」巻第三の拓本は、専門家の紙質年代判断から、当時まだ空海の真筆・書簡が存在していた、江戸時代中期に制作されたものらしい
その中身、例えば和韻詩を見ると、「方袍久苦行雲山裏、風雪無情春夜寒。五綴持錫観妙法、六年蘿衣啜蔬飡。日與月與丹誠盡、覆瓫今見堯日寛。諸佛威護一子愛、何須惆悵人間難」とあり、その読み方は、「方袍(ほうほう)苦行する雲山の裏、風雪情無くして春の夜寒し。五綴持錫(ごていじせき)して妙法を観じ、六年蘿衣(らい)して蔬飡(そさん)を啜(らく)ふ。日と與(とも)んじ月と與(とも)んじて丹誠盡(つ)くし、覆瓫(ふくぼん)今堯日(ぎょうじつ)の寛(ゆたか)なるを見る。諸佛威護(しょぶついご)して一子の愛あり、何ぞ須(すべから)く人間(じんかん)の難を惆悵(ちゅうちょう)すべき」と、若かりし空海の心情がしたためられている。
今回の拓本を「空海の真筆・書簡」と判断した理由は、その書体が空海らしい楷書、行書、草書の雑書体で構成され、龍爪書(りゅうそうしょ=龍の爪のように先の尖った筆勢)や、蠆尾書(たいびしょ=サソリの尾の跳ね上がったような筆勢)が幾つか見られること。
天皇に関する文字は、必ず行頭に置くという「平出(へいしゅつ)」や、その文字の前に一字分のスペースを設ける「闕字(けつじ)」などを心掛けながらも、さすがに「和韻詩幷序」には3か所の「弘法も筆の誤り」がある。
「方袍久苦行雲山裏」では、七言詩なのに八言詩になっており、空海は「方袍久苦」まで書いた瞬間、天皇に対し、「久しく苦しむ」という表現の行き過ぎを感じたらしく、「久」の字のわきに「取り除く」という意味の墨点(ぼくてん)を打って、その代りに「苦」の後に「行」をやや小さく入れて「苦行」と変更。さらに他の文の後尾に、そのまま続けて天皇の文字を入れたり、書き忘れた「奉」の文字を小さく書き添えたりしている。
真済は「性霊集・序」の言葉で、「夫れ其(大師)の詩賦哀讃の作、碑誦表書の制、遭う所にして作(な)し、草案を假らず。纔(わづ)かに了(お)はって競い把(と)らざれば、再び之れを看るに由(よし)無し」=大師が下書きをせずに書簡を書いて、手元に控え文を残さなかったから、すぐに書き写させてもらえなかったら、二度と見る機会はなかった=と表現。加えて「性霊集」には制作年代が記されていないが、今回の「奉謝恩百屯綿兼七言詩詩一首幷序」の末尾には、弘仁五年(814)三月一日」と記され、空海の真筆・書簡の可能性約100%を裏付ける形となった。
この頃の空海は、留学先の唐(中国)から帰国し、京都の高雄山寺(現・神護寺)で修業中。嵯峨天皇との親交を賜り、弘仁7年(816)に高野山を開創、日本仏教の一大拠点となる。
大柴研究員は「この拓本により、空海が即興で自由自在に書簡を書いたことがわかり、感動しています。また、たとえ間違えても書きなおさず、墨点を打つなどして、嵯峨天皇に送っていたこと。それを空海の隣で必死で書き写していた真済の功績は誠に大きいです」と感想を述べ、「この拓本はさまざまな角度から調査研究した結果、空海の真筆・原本のものと確信しています」と話した。
静法印は「空海ならではの、見事な筆遣い。その真筆・拓本に間違いないでしょう。これは歴史的な発見だと思っています」と讃えた。
写真(上、下)は空海の真筆・拓本について発表する大柴研究員=和歌山県伊都振興局で。写真(中)は「奉謝恩百屯綿兼七言詩詩一首幷序」の冒頭部分=四天王寺大学恩頼堂文庫・所蔵。

更新日:2018年6月7日 木曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事