ニュース & 話題

黄菖蒲に鉄腕アトム?八王子池~アイガモ夫婦仲良く

和歌山県橋本市御幸辻の杉村公園入り口にある八王子池(はちおうじいけ)で、今、黄菖蒲(きしょうぶ)が満開となり、アイガモ夫婦が回遊して、訪れる観光客の心を癒している。
八王子池は同公園の橋本市郷土資料館の北側にあり、池の北西隅に数100本の黄菖蒲が開花。カメラでクローズアップ撮影すると、雨上がりの後の加減か、黄色い花びらの中に、まるで手塚治虫さんの漫画・鉄腕アトムのような少年が、不思議にも写っていた。
一方、アイガモ夫婦は、つかず離れず、すいすいと遊泳。池畔をおおう新緑が、水面を緑色に染めて、その上をアイガモ夫婦が進む。時には、遊びまわっていた子ガモが戻り、一緒に羽ばたいて、水しぶきを上げている。
杉村公園は八王子池、丸尾池、とんぼ池があり、春は桜、夏はサルスベリ、秋は紅葉、冬は椿など、四季折々の花が咲いて、無数の野鳥がさえずる自然豊かな別天地。郷土資料館は、ふる里の歴史文化を伝える仏像や古文書、写真、民具類などを展示している。
地元住民は朝夕の散歩を楽しみ、マイカーや電車で訪れる観光客は、資料館を見学したり、公園を散策したり。今は黄菖蒲とアイガモ風景に心和ませている。
八王子池は南海高野線・御幸辻駅の北西側近く。
写真(上)は鉄腕アトムのような幻影が見える黄菖蒲のクローズアップ。写真(中)は八王子池に咲いた黄菖蒲の数々。写真(下)は新緑の中、仲よく水面を進むアイガモ夫婦。

更新日:2018年5月15日 火曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事