ニュース & 話題

笑顔も素敵♪馬上の桜花昇ぼる♪武者行列で颯爽と

元OSK日本歌劇団の男役トップスターの桜花昇ぼる(おうか・のぼる)さんと、娘役トップスターの朝香櫻子(あさか・さくらこ)さんの2人が、5月5日、戦国武将・真田幸村ゆかりの和歌山県九度山町の道の駅「柿の郷くどやま」芝生広場で開かれた「真田まつり」(同実行委員会主催)に颯爽と登場し、OSKファンはもちろん、大勢の観光客を喜ばせた。
真田幸村は「関が原の戦い」で、父の昌幸と共に豊臣秀吉方について戦ったが、軍配は徳川家康方にあがり敗退。大阪冬の陣に出陣するまでの14年間を紀州・九度山で閑居。真田まつりは、真田家の活躍ぶりを讃え続ける伝承行事という。
この日、紀州九度山真田太鼓保存会による真田出陣太鼓が鳴り響く中、真田幸村には桜花さん、麗しい戦国女性・茜(あかね)に朝香さん、幸村の父で信州・上田城城主だった昌幸には、長野県上田市の土屋陽一(つちや・よういち)市長、幸村の息子・大介には九度山出身の元野球日本代表・杉浦正則(すぎうら・まさのり)さんが扮し、それぞれ馬にうちまたがり出陣。
猿飛佐助ら真田十勇士や幼い子供たちを含む約200人の武者・稚児行列が、紀の川にそそぐ紀伊丹生川の丹生橋を渡り、通称「真田のみち」(九度山商店街)を練り歩いた。
とくに幸村役の桜花さん、茜役の朝香さんが、馬上の武将、馬上の女性となって、沿道の人垣の間を颯爽と通ると、大人も子供も「わあきれい」「こっち向いて」と大喜び。手を振る2人の笑顔をスマートホンやカメラで撮影していた。
同実行委員会の岡本章(おかもと・あきら)会長(町長)は、五月晴れの天候に恵まれ、大勢の観光客が見物に訪れたことに対し、感謝の言葉を述べ、「これからも真田まつりを盛り上げたい」と誓っていた。
写真はいずれもファンに笑顔を見せる馬上の桜花さんや朝香さんらの武者行列。

更新日:2018年5月6日 日曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事