ニュース & 話題

九度山町長選、岡本氏無投票4選!一層の尽力誓う

任期満了に伴う和歌山県九度山町長選挙は4月17日(火)告示され、現職の岡本章(おかもと・あきら)氏(64)(無所属)以外に立候補の届け出がなく、2期連続無投票で4選を決めた。
岡本氏は同町議を4期務め、平成18年(2006)5月に町長に初当選、3期を務めた。とくに道の駅「柿の郷くどやま」を誘致、署名活動で地元ゆかりの戦国武将・真田幸村の生涯を描いたNHK大河ドラマ「真田丸」放映を実現、九度山・真田ミュージアムを開設するなど、まちの活性化に力を注いできた。
この日、岡本氏は同町九度山の選挙事務所前での出陣式で、「大河ドラマ真田丸は昨年、親日の台湾でも放映され、私は計3回、観光PRに行きました。京奈和自動車道など関西国際空港からの交通の便も良くなったので、観光客誘致に力を入れたい」などと挨拶。紀州九度山手作甲冑隊員や支持者とともに、大きく「鬨(とき)の声」を上げ、選挙カーで町内をくまなく回り、清き一票を訴えた。
午後5時、無投票当選が決まると、事務所に集まった支持者と共に万歳を三唱。岡本氏は「日本一元気な町を目指したい」と誓っていた。
写真(上、下)は無投票4選を果たした岡本氏。写真(中)は出陣式で紀州九度山手作甲冑隊とともに鬨(とき)の声を上げる岡本氏。

更新日:2018年4月17日 火曜日 17:04

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事