ニュース & 話題

ピアニスト平井さん演奏へ♪みそや呉服店修築1周年

和歌山県橋本市橋本1丁目5の15の老舗(しにせ)「みそや呉服店」=谷口善志郎(たにぐち・よしお)社長=は、明治17年(1884):建築の同店舗(国の登録有形文化財)の修築1周年を記念して、4月30日(月)、映画・テレビ音楽で活躍中の、ピアニストで作曲家の平井真美子(ひらい・まみこ)さんのピアノコンサートを開く。谷口社長は「京風・町家(まちや)の雰囲気とともに名演奏を楽しんでください」と呼びかけている。
同店は明応4年(1495)に創業。今の店舗兼住宅は明治17年(1884)の建築で、木造2階建て瓦葺きの母屋をはじめ、離れ座敷、上蔵、下蔵の計4棟で構築した。
大正12年(1923)には、近くに新館を建築して移転。旧店舗は南都銀行などが使い、昭和40年(1965)頃から「みそや呉服店別館」となり、「橋本まちかど博物館」に活用してきた。新館は平成29年(2017)に中心市街地再開発事業に伴い撤去。同年3月末に旧店舗(別館)を修築・完成した後は、明治・大正の趣(おもむき)漂う同店舗に戻り、営業を続けている。
平井さんは谷口社長の姪(めい)で、京都生まれ東京在住。桐朋学園大学音楽部ピアノ科を卒業後、映画「め組の喧嘩」(エンディングテーマ担当)や、NHK「あの日を胸に~阪神・淡路大震災23年」(テーマ曲)など、映画・テレビに関する素晴らしい作曲&演奏を繰り広げている。
今回のコンサートは4月30日(月)午後2時開場、同2時30分開演。会場は「みそや呉服店」の暖簾(のれん)をくぐった土間&座敷で、東京から平井さん愛用のグランドピアノを搬入。土間には椅子席、座敷は座布団を敷いて歓待。谷口社長が同店の歴史を説明した後、平井さんがオリジナル曲を披露することになっている。
谷口社長は「この登録有形文化財は、今後、コンサートや展覧会にも活用して、皆様に喜んでいただきたい」と希望を話していた。
車で来場の場合は、同コンサートの時間内に限り、橋本橋北詰西側駐車場の利用はOK。コンサート予約定員は100人で、入場料(チケット)1人2000円。定員になり次第、締め切られる。申込みは「みそや呉服店」(電話=0736・32・4000)へ。
写真(上)はピアノ演奏する平井真美子さん=2015年3月「みそや呉服店」新館で。写真(中)はコンサートが開かれる「みそや呉服店」の土間&座敷の一部。写真(下)は「みそや呉服店」の外観。

更新日:2018年4月7日 土曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事