ニュース & 話題

高野町長選=現新一騎打ち♪所、平野氏~8日投開票

和歌山県高野町の町長選挙は4月3日告示され、予想通り新人で町議会議長の所順子(ところ・じゅんこ)氏(68)=無所属=と、現職で再選を目指す平野嘉也(ひらの・よしや)氏(50)=無所属=の2人が立候補した。同8日に投開票が行われる。
この日、所氏は高野山内の事務所から、平野氏は高野山内の寺院から、それぞれ出陣、第一声を上げた。
所氏は「高野山診療所に医師を連れてきたい。救急隊員は必ず確保する。夜間診療など医療を充実させ、町民の命や、観光客の命を守り、安心できる町にしたい」と言明。平野氏は「橋本市民病院、県立医大紀北分院に機能を持たせることが大切。高野山だけでなく、高野町全体を考えて、医療や福祉を充実させ、観光振興などに取り組みたい」と力説。それぞれ選挙カーで町内を一巡して、「清き一票」を訴えた。
平野氏は徳島文理大学薬学部卒、高野町立高野山病院、調剤薬局勤務などを経て平成26年(2014)5月、高野町長に初当選・就任。
所氏は専門学校に学び、宝飾デザイナー職を経て町議4期中、総務文教常任委員長や副議長など歴任。同27年(2015)5月、議長就任。
投票は8日午前7時から午後7時(一部は午後8時)まで14か所で行われ、午後8時45分から町役場で開票される。選挙人名簿投票者数(4月2日現在)は2753人。
写真(上)は事務所前で第一声を上げる所氏、写真(中)は寺院境内で第一声を上げる平野氏=立候補届け出順。写真(下)は国内外からの参拝・観光客でにぎわう高野山・金剛峯寺近くの表通り。

更新日:2018年4月4日 水曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事