ニュース & 話題

さあ今冬一番の寒気団!橋本24日~「要注意」

牡丹雪がシャーベット状になり、大寒の厳しさを感じさせた和歌山県橋本市は、1月24日以降、今冬一番の寒気団が到達する見込みで、降雪や路面凍結が心配されている。
1月23日早朝の高野山麓・橋本市は、前日の雪が斑雪(まだらゆき)かシャーベット状に残り、国城山はもちろん同市恋野~九度山町の山々にかけて、長い帯状の雲が棚引き、気温も0~2度の寒さ。日中は陽が照り翳(かげ)りして、雪景色は消えたが、冷たい風は吹きつづけた。
インターネット情報などでは、24日以降、今冬一番の大寒気団が日本列島を覆いそうで、近畿地方の気温は氷点下となり、北部では約60センチの積雪、南部でも降雪や路面凍結が心配されている。
JR・南海橋本駅の乗降客らは「東京や北国に比べたら、橋本は真冬でも別天地」「しかし足元は滑らんように、頭は帽子で温かく守りよ」と注意し合っていた。
写真は牡丹雪が凍てついた国城山系の山々と紀の川流域の市街地。

更新日:2018年1月24日 水曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事