ニュース & 話題

ガンバレ五輪金・前畑さん♪朝ドラ実現へ市民大会♪

和歌山県橋本市出身で日本女性初のオリンピック水泳・金メダリスト・前畑秀子(まえはた・ひでこ)さんの、NHK朝ドラ実現を目指す「市民大会」が1月21日、橋本市民会館で開かれ、市民約600人が参加、前畑さんの素晴らしい人生ドラマを感じながら、朝ドラ実現を祈っていた。
前畑さん(1914~95年)は少女時代、紀の川で遊泳して心身を鍛え、名古屋の椙山(すぎやま)女学園時代、世界的な実力を身につけた。1936年のベルリンオリンピック女子200メートル平泳ぎで見事、日本女性初の金メダルを獲得した。
「NHK朝ドラ実現 市民大会」は橋本市、同市教委、朝ドラ誘致室実行委員会が主催。市民会館1階ロビー&ギャラリーで、前畑さんの競泳着や写真、児童が描いた絵画などを展示。市民は前畑さんの金メダルや競泳着に見入った。
本番は市立境原小学校の児童による和太鼓演奏でオープニング。平木哲朗(ひらき・てつろう)市長や、朝ドラ誘致実行委員会の越山雅巳(こしやま・まさみ)委員長、椙山女学園の顧問で椙山歴史文化館の椙山美恵子(すぎやま・みえこ)館長、東海学園大学スポーツ健康科学部の木村華織(きむら・かおり)講師が、生涯、水泳人生を貫いた前畑さんの人生を語り、「ぜひ、朝ドラを実現してほしい」と強調した。
この後、橋本、名古屋、岐阜の3市長が昨年7月、朝ドラ誘致実現に向けた、市民23万人の署名をNHK会長に手渡したことなど、これまでの誘致活動の写真をスクリーンに投影して紹介した。
次に和歌山県の学童平泳ぎ(長水路)50、100、200メートルで1位の将来有望選手、三石小学校6年生の吉本早希(よしもと・さき)さんが、「私も前畑さんのように夢と感動を与えられる選手になりたい」と自らの作文を朗読した。
県立古佐田丘中学校・放送部員が、同校美術部制作の紙芝居「前畑秀子物語」をスクリーンに投影、心込めて上演。さらに今年、演劇「紀ノ川の少女」で喝采を浴びた橋本高校・演劇部が、今回は肉声で表現する朗読劇を披露。前畑さんの活躍ぶりに感涙した人々の感情を静かに伝えた。
最後は橋本高校・新体操バトン部が、リズミカルで麗しく、しかも躍動感あふれるダンスを披露。大いに盛り上がったところで、全員こぶしをかざして、「前畑秀子さんの朝ドラ実現めざそう」と誓い合った。
同実行委員会は2019年の101作目の「NHK朝ドラ実現」を目指しており、その是非は今年5、6月頃に決まりそう。
写真(上)は前畑秀子さんの紙芝居を上演する古佐田丘中学校・放送部の女生徒たち。写真(中)は前畑さんを讃え自分の生き方を書いた作文を朗読する吉本早希さん。写真(下)は朝ドラ実現目指して「がんばろう」を唱える実行委員や市民たち。

更新日:2018年1月22日 月曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事