ニュース & 話題

天野の里でコスモス綺麗♪神社参拝・周遊も楽しく

名高い丹生都比売(にうつひめ)神社のある和歌山県かつらぎ町の〝天野の里〟で、コスモスが満開になり、都会では感じられないような、静かな秋の情緒を漂わせている。
ここ農業・庵野清高(いおの・きよたか)さん所有の「花桃の里」の道沿いには、赤、白、ピンクのコスモスが沢山開花。通りがかりの観光客らは、思わず車を降りて、秋風に揺れるコスモスを背景にスマホ撮影。ほっと心癒されている。
この「花桃の里」は、庵野さんが約20年前、荒山を整備。桃の苗木300本を植えて、イノシシなどに荒らされないよう金属メッシュで猪囲(ししがこ)い。毎春、多くの家族連れらが花桃見物に訪れる。
その道沿いには、コスモスも植栽。今は静けさの中、水彩画のような花模様が風に吹かれており、庵野さんは「丹生都比売神社の参拝・観光客の皆さんは、ぜひ、ここにも立ち寄り、春、秋のひとときを楽しんでください」と言っている。
場所は天野地域交流センター「ゆずり葉」(旧・天野小学校)から約100メートル北側の丘陵地。
写真は庵野さんの「花桃の里」道沿いで満開のコスモスの花。

更新日:2017年10月7日 土曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事