ニュース & 話題

「お知らせ」13・14日=郷土の森・子供ら自然体験

子供たちの自然体験に郷土の森を活用している和歌山県橋本市北馬場の「橋本ひだまり倶楽部」=辻澤昌平(つじさわ・しょうへい)会長=は、5月13(土)・14(日)両日、橋本市北馬場の橋本市運動公園内で、「広げよう!森と共に育つ子供たち」と題して、子供たちの自然体験&講演会を開催する。
同倶楽部は「和歌山は自然に恵まれているのに、その資源を活かした野外教育はまだまだ…。ぜひ、今回のイベントに参加してほしい」と呼び掛けている。
5月13日(土)は午前10時から午後12時30分まで「子どもの自然体験」 ▽会場:橋本市運動公園内 郷土の森・学習体験棟 ▽内容:「郷土の森で自然体験しよう!」自然を身近に感じるネイチャーゲームと、木工体験。薪で炊いた豚汁を試食 ▽対象者:幼稚園年少から小学校6年生の児童とその保護者 ▽定員:先着30名(要予約) ▽参加費 1人500円(豚汁・記念品込) ▽その他:雨天決行につき合羽などの雨具の用意が必要。
5月14日(日)は午前10時から午後4時まで「講演会」 ▽会場:橋本市運動公園内 和歌山県立橋本体育館 武道室 ▽内容:1部 内田幸一氏(全国森のようちえんネットワーク代表)講演・第2部 小菅江美氏(森のようちえん「てくてく」主宰)・総合司会 新田章伸氏(里山倶楽部副代表理事) ▽対象者:ご興味のある方どなたでも ▽定員:先着100名(要予約) ▽参加費:1人1000円(ひだまり倶楽部会員は無料) ▽その他:終日参加が条件となり、スリッパ、お弁当、お茶などの持参が必要。
会場アクセス:橋本市運動公園(和歌山県橋本市北馬場454番地)。JR・南海橋本駅より徒歩20分。車の場合は、同公園内第1~4駐車場を利用。
問い合わせ・申し込みは橋本市北馬場454、橋本ひだまり倶楽部(電話・FAX=0736・32・5151)。
写真はいずれも郷土の森で自然体験する子供たちの風景=昨年5月14日の本紙記事より。

更新日:2017年5月11日 木曜日 21:57

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事