ニュース & 話題

いざ!幸村デザイン♪生ビール・純米酒・焼酎…発売

NHK大河ドラマ「真田丸」放映にちなみ、キリンビールマーケティング(株)は、戦国武将・真田幸村ゆかりの和歌山、長野、群馬3県で、将星・幸村を描いたキリン一番搾り生ビール「出陣!真田デザイン缶」を発売した。和歌山県橋本市隅田町河瀬の(株)西岡酒店「酒のワールド」=西岡巨充(にしおか・なおみつ)会長=県内各店でも販売、爆発的な人気を呼びそう。
このキリン一番搾り生ビール「出陣!真田デザイン缶」は350ml入りで、同社の専門デザイナーが「いざ!出陣!」の気迫の文字と、鎧兜(よろいかぶと)姿の勇猛な幸村を描き、全体に赤く配色して「真田の赤備え」を彷彿とさせた。
真田幸村、父・昌幸が関ヶ原の合戦で敗退、閉居を命じられ、大坂の陣・出陣まで14年間を紀州・九度山で暮らしたことなど、関係する和歌山、長野、群馬の3県で合計7000ケース(24本入り)を数量限定販売。
一方、和歌山県酒販協同組合連合会も、県内の酒造メーカー9社が、「酒好きだったという幸村」にちなんで製造した純米酒「幸村出陣」と本格焼酎「幸村好」(各720ml入り)を会員約980店舗で販売。いずれも人気上昇中。
(株)西岡酒店「酒のワールド」は、県内に沢山の酒小売店を営んでいるが、そのうち「酒のワールド」高野口伏原店=山下晃広(やました・あきひろ)店長=では、表に幸村のポスターを掲示、店内には幸村コーナーを設置。
キリン一番搾り生ビール「出陣!真田デザイン缶」は1本209円、6缶パック1142円、24本入り1ケース4172円、純米酒「幸村出陣」(瓶入り)1500円、本格焼酎「幸村好」2500円=いずれも税抜き=で販売している。
さすがに「幸村コーナー」はスポットライトを浴びたように輝いていて、女性店員が親切に説明にあたっていた。山下店長は「幸村の里に近い店ですから、ぜひ、立ち寄ってください。大河ドラマ・真田丸を見ながら、おいしく味わってください」とアピールしている。
▽キリンビールマーケティング(株)和歌山支社(電話=073・432・8238、FAX=073・432・8235)。
▽和歌山県酒販協同組合連合会(電話=073・488・7639、FAX=073・488・7652)
写真(上)は「酒のワールド」高野口伏原店でキリン一番搾り生ビール「出陣!真田デザイン缶」を披露する女性店員。写真(中)は同ビールの発売予定を発表したキリンビールマーケティング和歌山支社の伊村正明(いむら・まさあき)社長=右と岡本章(おかもと・あきら)九度山町長。写真(下)は本格焼酎「真田好」を披露する女性店員。

更新日:2016年1月21日 木曜日 18:05

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事