ニュース & 話題

高野山の案内犬ゴンの歌奉納♪~慈尊院で紙芝居も

今は亡き〝高野山案内犬・ゴン〟の遺徳をしのぶ「ゴンちゃん ありがとう ミニコンサート」が、ゴンの命日にあたる6月5日、棲んでいた和歌山県九度山町の世界遺産・女人高野別格本山「慈尊院(じそんいん)」で開かれ、シンガーソングライターらが作詞作曲した高野山開創1200年記念「高野山の案内犬ゴンの歌」が奉納披露された。
この日はあいにくの梅雨空だったが、安念清邦(あんねん・せいほう)住職は、「この雨は皆さんの御心に対する、ゴンちゃんのうれし涙です」と話し、参加した約100人の檀信徒や僧侶、子供たちが合掌して、ゴンちゃんの冥福を祈った。
ゴンちゃんは、紀州犬と柴犬の雑種。昭和63年(1988)春、慈尊院に住みつき、高野山(標高約850メートル)の金剛峯寺・壇上伽藍・奥の院に続く「町石道(ちょういしみち)」(計約24キロ)を、お遍路さんについていくうちに覚え、やがて連日、大勢の参拝者を高野山まで先導。人々が迷わないよう後ろを振り向いたり、草むらのマムシを追っ払ったりするなど、「お大師様の使いの名犬」として脚光を浴びた。
この日、雨模様のため、会場は拝堂内とし、緋色の袈裟衣に身を包んだ安念住職と、長男・邦賢(ほうけん)副住職が読経した後、シンガーソングライターの妙佳(taeka)さんが、橋本市隅田町の画家・信木俊輔(のぶき・しゅんすけ)さん絵、妙佳さん文の紙芝居「高野山案内犬ゴンのお話」を、心情込めて披露。最前席を陣取った10数人の子供たちは、ゴンちゃんの可愛さに、すっかり心打たれた様子。
次に、安念住職と邦賢副住職による「ゴンとの思い出ばなし」が、妙佳さんとラジオのパーソナリティー・バンディ石田さんの、問いかけに答える形で、楽しく紹介された。
安念住職は「ゴンちゃんは、おにぎりなどくれなくても、懸命に案内。その見返りを求めない心に感銘しました」「遠方の方から、ゴンちゃんに世話になったという、御礼状をいただき、ゴンちゃんの活躍ぶりがわかりました」「皆さんに連日、ゴンちゃん物語を話すうちに、私もおしゃべり上手になりました」「ある日、孫に土産をあげると、ゴンちゃんが残念そうに、貌(かお)をそむける。ああそうかと思い、次からはゴンちゃんにも、お土産を忘れないようにしました」などと述懐した。
邦賢・副住職は、「私がワゴン車を運転すると、ゴンちゃんは必ず荷台に飛び乗る。そこで、老衰したゴンちゃんを、引退させなければならなくなった時、つかまえる時は、ワゴン車を走らせ、ゴンちゃんが飛び乗ると、そのまま連れて帰りました」「ゴンちゃんの命日は、弘法大師のお母様と同じです。ゴンちゃんは、お母様の心を宿したので、昔、女人禁制だった高野山へ通ったのかも」「命のぬくもりを伝え、子育て、ペット育てなど、悔いのない人生を」と話した。
この後、妙佳さん・バンディ石田さん作詞作曲の「高野山の案内犬ゴンの歌」が、妙佳さんのソロで、「僕は野良犬さ ひとりでいたんだ おなかはペコペコ だからとってもさみしかった 道は知ってるよ 僕についてきて 旅人を迷わず お参りにつれていくんだ ※その犬の名前はゴン 高野山のガイドです 毎日 山道を 50キロ歩きます お寺の鐘が ゴーン ゴーン ゴン!」と披露。最後に子供たちに歌唱指導し、全員で歌い上げて、「ゴン物語」の伝承を誓い合った。
信木さんは「ゴンちゃんの紙芝居が、慈尊院で初上演されて、とても有難かった」と喜び、「ゴンちゃん物語」を寺院などで紹介している群馬県伊勢崎市の真言宗豊山派の僧侶・芳賀妙純(はが・みょうじゅん)さんは、「きょうは慈しみ溢れるゴンちゃんの心と、その場に集まった子供たちの可愛い声が、改めて心に沁みました」としみじみ感想をもらす。
バンディ石田さんは「ゴンちゃんは、ワン、ワン、ワンとしか言えなかったのに、人々と心が通じ合い、命と命のつながりを見せてくれました」と述べ、安念住職の御心配りなどで、滞りなく歌を奉納できたことに感謝していた。
この日発売されたCD「高野山の案内犬ゴンの歌」(1080円、税込み)は、株式会社エフエム大阪ヒューマンネットが制作。問い合わせは同社(〒556-8510大阪市浪速区湊町1-3-1 TEL06-4704-2311)へ。
「高野山の案内犬ゴンの歌」の歌詞2~4番は次の通り。
2 僕は先導犬さ 町石道のね
  180の道しるべと 旅人を励ますんだ
  何もいらないよ みんなと笑顔で
  大好きなこの道を 一緒に歩きたいんだ
 ※repeat
3 僕はしあわせさ 家族ができたよ
  たくさんの愛を いつもほんとにありがとう
  大切な場所さ ずっと昔からね
  親子の絆を 結んできた道なんだ
※repeat
4 僕は案内犬さ 無言の案内犬
  旅人はニコニコ だからとってもうれしかった
  みんなを守るよ 僕とカイの役目さ
  今でも空から ずっと案内してるからね
※repeat
写真(上)は子供たちに「高野山の案内犬ゴンの歌」を歌唱指導する妙佳さん。写真(中)は「ゴンちゃんとの思い出ばなし」を紹介する安念住職=左から2人目と邦賢・副住職=3人目。左端は妙佳さん、右端はバンディ石田さん。写真(下)は信木俊輔さん絵、妙佳さん文の紙芝居「高野山案内犬ゴンのお話」を披露する妙佳さん。

更新日:2015年6月6日 土曜日 00:00

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事