ニュース & 話題

憲法「9条まつり」20日♪和太鼓や踊り♪楽しく

「国づくりとくらしに憲法を」をキャッチフレーズにした「伊都・橋本9条まつり」(憲法9条をまもる伊都・橋本連絡会主催)が、10月20日(土)午前11時~午後3時、和歌山県九度山町入郷637の6の九度山町文化スポーツセンターで開かれる。同連絡会では「平和なればこその〝おまつり〟であり、楽しい一日を一緒に過ごしましょう」と呼びかけている。
当日は午前11時に開会。橋詰弘・元九度山町教育長の挨拶の後、紀北農芸高校の和太鼓演奏、地元の「真田ちゃいるど」「十花仙(じゅっかせん)」による〝やっちょん踊り〟や、高野口中学校のブラスバンド演奏を楽しむ。
午後は、合唱集団〝おとだま〟の「芭蕉布」合唱や、高校教職員による「○×ゲーム」、浦部ようすけさんのギター演奏、紀北工業高校のブラスバンド演奏、ロボット相撲・実演などがある。
途中、演奏などの幕間の各2~3分間、はしもと9条の会事務局の富岡嬉子さんや、九条の会かつらぎ・事務局の植西祥司さん、九条の会高野口・事務局の福塚章高さんの3人が、それぞれ「憲法九条に寄せる思い」をテーマに、戦争の悲惨さ、平和の大切さを語る。最後に九条の会かつらぎの元会長・草田信行さん(元高校教諭)が、閉会の挨拶で締めくくることになっている。
文化スポーツセンターの表には、柿の葉寿司や餅、焼きそば、綿菓子、ソフトクリーム、コーヒーなど、テント張りの模擬店が並び、バザーも行われる予定。
憲法9条をまもる伊都・橋本連絡会では「9条まつりは、今回で4回目。昨年は橋本市隅田町の東部コミュニティーセンターで開催し、おおいに盛り上がりました。今回も大勢の方たちと交流し、改めて平和の大切さを考えましょう」と言っている。問い合わせは同連絡会(電話0736・32・0372)。
写真(上)は昨年の「9条まつり」で披露された和太鼓演奏の一コマ。写真(中)は昨年、披露された奈良県五條市の女性グループによるフラダンス。写真(下)は会場の外で賑わった柿の葉寿司の模擬店。

更新日:2012年10月11日 木曜日 21:52

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事