ニュース & 話題

観光客に無料〝ふれあい喫茶〟開設~門前交流館

「観光客に、お茶でもを飲んで、休息してもらおう」と、和歌山県橋本市隅田町中島113にある「門前(もんまえ)交流館」(中西修館長)は、7月1日(日)、館内に利用無料の〝ふれあい喫茶〟を開設した。年中無休の予定で、中西館長は「当館周辺には、名所旧跡が多く、観光客が増えています。トイレもありますので、気軽に立ち寄ってください」と呼びかけている。
同館は旧村役場(木造2階建て)で、館内には〝農具博物館〟や〝児童図書室〟などがある。児童図書室(約20平方メートル)には、小説やマンガ、郷土史誌など、2300冊をならべているが、この部屋をそのまま「ふれあい喫茶」に活用。すぐそばの古い炊事場(竈)は、新しい台所に改築し、冷蔵庫などを据え、常に、お茶やコーヒー、紅茶などを用意。トイレは和式から様式に作り替えている。
同館の周辺には、国宝・人物画像鏡で名高い隅田八幡神社や、万葉人が紀州・大和を往来した〝飛び越え石〟があり、紀ノ川・恋野橋を渡れば、平安時代の女性ヒロイン・中将姫が隠棲した伝説の舞台など、名所旧跡が多い。
交通の便は、JR和歌山線・隅田駅から西へ徒歩約7分。地元を国道24号が通り、近くには京奈和自動車道・橋本東インターもある。隅田中央商店街振興組合では「道路事情もよくなり、観光客も増えてきて、ありがたいです」と喜び、中西館長は「当館では、気軽にお茶でノドを潤し、本を読むなり、世間話をするなり、ゆっくりしてください」と言っている。
開館時間は午前9時~午後6時。
写真(上)は「ふれあい喫茶」に活用される〝門前交流館〟の児童図書室。写真(中)は古い炊事場を改築した新しい台所と冷蔵庫。写真(下)は隅田駅に近い隅田中央商店街にある「門前交流館」。

更新日:2012年7月1日 日曜日 09:15

関連記事

ページの先頭に戻る

  • 標準
  • 大
  • RSS
  • サイトマップ

検索

過去の記事